“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外ファンが初代『悪魔城ドラキュラ』をUnreal Engine 4で3Dリメイク!

海外ファンが初代『悪魔城ドラキュラ』をUnreal Engine 4で3Dリメイク!

March 29, 2016(Tue) 16:48 / by RIKUSYO


名作アクションとして名高い『悪魔城ドラキュラ』の第1作目を、海外ファンのDejawolfsさんがUnreal Engine 4で3Dリメイクし、YouTubeにてプレイ映像を公開しています。これまでに週末の時間を利用して4ヶ月費やしたという本作。ビジュアルを3Dに進化させつつも、2Dアクションのゲームプレイはそのまま。各所の隠しアイテムもしっかりと再現しています。


参考: 初代『悪魔城ドラキュラ』プレイ映像

Dejawolfsさんによればまだ多くのバグが存在し、いくつかのライティングの問題も抱えているとのことです。また、画面が若干暗いのはYouTubeによる圧縮も影響しており、実際はもう少し明るいそうです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2016年3月29日 22:38:38 ID: qQn2s/kmGhDl
    17 スパくんのお友達さん
    通報する

    ファンメイド作品にイチャモンつける奴w

  • 2016年3月29日 17:29:53 ID: 3Q+kesvz42qg
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    確かにコレじゃない感はあるけど、愛は感じた

  • 2016年3月29日 22:57:00 ID: 1pkgVQ6HhAJV
    20 スパくんのお友達さん
    通報する

    たしかにこのグラフィックで昔の挙動をしているのは不自然で、コレジャナイってのはわかるけど
    実際技術、つくりこみ、再現度はどれも高い。
    こういった現代のエンジンでリメイクしてくれないもんかね

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

no image