「Oculus Rift」向けVRコントローラー「Oculus Touch」が遂にローンチ! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Oculus Rift」向けVRコントローラー「Oculus Touch」が遂にローンチ!

ゲーム機 VR

「Oculus Rift」向けVRコントローラー「Oculus Touch」が遂にローンチ!
  • 「Oculus Rift」向けVRコントローラー「Oculus Touch」が遂にローンチ!

VRヘッドセット「Oculus Rift」向けの専用コントローラー「Oculus Touch」が遂にローンチを迎えました。あわせてOculus Touchに対応した西部劇風シューター『Dead and Buried』、バーチャル彫刻ツール『Medium』、バーチャルペイントツール『Quill』など、54のタイトルが利用可能となっています。



    その他の特徴
  • 『Oculus First Contact』では80年代Sci-Fi風の世界観を舞台に、愛らしいロボットとのやり取りを通じてTouchの様々な操作を体験。


  • バーチャル世界での自分を表現するアバターソフト『Oculus Avatars』もローンチ。『Kingspray』や『Sports Bar VR』、『Toybox』ではこのアバターをサポートしている。


  • Touchの直感的で人口工学的なデザインによって、ユーザーはコントローラーの存在を忘れ、現実の手とバーチャルの手が同じものであるように感じる。精密なトラッキングが没入感を高め、独立して動かせる親指と人差指でハンドポーズやソーシャルジェスチャーが可能。また、バランスの取れたウェイト配分で、自然な感触でバーチャル世界を体験することができる。


操作部分ではVRコントローラー同梱のHTC Viveに遅れを取っていたOculus Riftですが、Oculus Touchのローンチによっていよいよ次のステップに進むことができるのではないでしょうか。価格は199ドル(追加センサー同梱)で、公式ストアにて販売中です。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

    任天堂の新ゲーム機は「ニンテンドースイッチ」!据え置き&携帯ゲーム機のハイブリッドマシン!

  2. 携帯型Steam Machine「SMACH Z」国内向け並行輸入販売が決定

    携帯型Steam Machine「SMACH Z」国内向け並行輸入販売が決定

  3. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

    【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  4. VRヘッドセット新型「Vive 2」がCESで発表との噂をHTCが否定

  5. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  6. Razerのプロ仕様PS4コントローラー「Raiju」海外で予約開始―価格は約2万円!

  7. 『レインボーシックス シージ』最新日本語パッチノート!嫌がらせ対策システム導入

  8. 「GeForce GTX VR Ready」とは一体何なのか? CESでNvidiaを直撃

  9. 『エースコンバット 7』のVRバージョンがPS Experienceに出展決定!―コックピット映す1枚の画像も

  10. 携帯型Steam Machine「SMACH Z」Kickstarterキャンペーンが再始動

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top