【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?

Game*Spark オリジナル

【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
  • 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
  • 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
  • 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
  • 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
  • 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
  • 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
  • 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
  • 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?
Game*Spark読者の皆様、とうとう年の瀬がやって参りましたね。そこで今回は年末企画として趣向を凝らしまして人外の個性的なキャラクターを10のゲームから10名のキャラクターをピックアップして皆様にご紹介したく思います。取り上げたキャラクターはロボット・メカもあればケモノキャラもありで選びました。なおSteamホリデーセール中であることも加味しSteamでもリリースされている作品群となっております。

さあ読者の皆様!いざこちら側(?)の世界へ!

◆Claptrap『Borderlands 2』
開発元:Gearbox Software 開発年:2012年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360

――ポンコツだけど憎めない!
正式名称「CL4P-TP」こと「Claptrap」はシリーズのマスコット的なキャラクターでみんなから愛されているポンコツロボットです。また続編かつ前日譚である『Borderlands: The Pre-Sequel』ではプレイアブルキャラクターまで出世しました。本作はロールプレイイングシューターとして大好評を博しており、ハックアンドスラッシュゲームとしても高い評価を得ています。

◆ヘイリー『Dust: An Elysian Tail』
開発元:Humble Hearts LLC 開発年:2013年 機種:PC/PlayStation 4/Xbox 360

――ケモカワイイ!
個人制作のインディゲームで長い期間を掛けて開発が行われた『Dust: An Elysian Tail』より「ヘイリー」です。主人公「ダスト」がアイデンティティを探る旅を通じて出会う彼女は鍛冶屋で、たった一人で弟を育てて切り盛りしているタフでキュートな女性です。また本作は横スクロールアクションゲームで爽快感たっぷりのアクションが楽しめる良作です。

◆Ms. Splosion Man『Ms. Splosion Man』
開発元:Twisted Pixel Games 開発年:2011年 機種:PC/Xbox Live Arcade

――クレイジーで超キュート!
Splosion man』の続編である『Ms. Splosion Man』より同名の「Ms. Splosion Man」です。彼女は実験生物で、脚部から爆発を引き起こして爽快ジャンプアクションをします。本作は痛快極まりないハイテンポ横スクロールアクションで、音楽のノリの良さも相まって素晴らしいプレイフィールを実現していますし、未プレイの方は是非遊んでみて下さい。期待を裏切らない楽しさで溢れています。

次のページ:超絶馬鹿ゲー、名作RPGに傑作格闘ゲームから

《SHINJI-coo-K》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームに登場するお母さんキャラ』10選―ディア・ママ!

    【特集】『ゲームに登場するお母さんキャラ』10選―ディア・ママ!

  2. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

    【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  3. 【特集】『ゲームの女性ヘアスタイル』10選―また髪の話してる…

    【特集】『ゲームの女性ヘアスタイル』10選―また髪の話してる…

  4. 誘拐された少女が孤島で生き抜く『Die Young』ゲームプレイ映像

  5. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

  6. 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?

  7. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  8. 【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

  9. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  10. 【特集】『1-2-Switch』ぼっちでも楽しいゲーム6選 ─ ひとりでも赤ちゃんをあやして遊べる!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top