『龍が如く』シリーズ海外カルト人気再燃か、旧作4本が北米で再販 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『龍が如く』シリーズ海外カルト人気再燃か、旧作4本が北米で再販

ゲーム文化 懐ゲー

『龍が如く』シリーズ海外カルト人気再燃か、旧作4本が北米で再販
  • 『龍が如く』シリーズ海外カルト人気再燃か、旧作4本が北米で再販
海外メディアの報道より、セガの極道アクションアドベンチャーシリーズ『龍が如く(Yakuza)』の一部過去作品が北米向けに再発売されたと伝えられています。

海外ではある種のカルト的人気を誇る『龍が如く』ですが、GameIdealistによれば、初代『龍が如く』から2作目、3作目、そして『龍が如く4 伝説を継ぐもの』が北米Amazonで改めてリリースされているとのこと。『龍が如く』シリーズは国内/海外発売タイミングに数年の差異が生じることもあるものの、コアなファンからの期待度が高く『龍が如く 極』『龍が如く6 命の詩。』発表の際にも大きな話題となっていました。

なお、現在発売中のナンバリング最新作である『龍が如く6 命の詩。』は海外では2018年にリリース予定。映画やドラマのような「極道」を描くアクションアドベンチャーゲームの海外からの反響は、国内のゲーマーにとっても気になるところではないでしょうか。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 名作FPS『Doom』を「ポルシェ911」で運転プレイする男が危険すぎる

    名作FPS『Doom』を「ポルシェ911」で運転プレイする男が危険すぎる

  2. 『バイオ2』非公式リメイクから生まれた『Daymare: 1998』固定カメラ実装

    『バイオ2』非公式リメイクから生まれた『Daymare: 1998』固定カメラ実装

  3. 『Portal 2』のATLASとP-Bodyがねんどろいど化決定!―figma版の新イメージも披露

    『Portal 2』のATLASとP-Bodyがねんどろいど化決定!―figma版の新イメージも披露

  4. 名作FPS『Doom』を「トースター」でプレイしてしまう男が登場 ― まさにレバガチャプレイ

  5. 人気RPG『スカイリム』を「ジャガイモ」でプレイするゲーマー現る!―まるで理科の実験

  6. 『FFXV』のシドニーがアクションフィギュア化―セクシーさもしっかり再現!

  7. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  8. 『GTA V』警察官変更Modに豪州警察と地元メディアが動く…「警官を殺害する訓練」とも

  9. ドイツで『マッドマックス』世紀末パーティーに潜入!ヤバい雰囲気の会場をフォトレポ

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top