『Nintendo DS』は、イギリスでも据え置きゲーム機を上回るヒットに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Nintendo DS』は、イギリスでも据え置きゲーム機を上回るヒットに

家庭用ゲーム Wii

日本ではお店で普通に見かけなくなってそろそろ丸1年経とうかという[b]Nintedo DS[/b]ですが、第三者機関の調べによればイギリスでも日本と同じく据え置きゲーム機をも上回る勢いで売れているそうです。

写真のグラフは北米でのものになりますが、海外では6月のDS Lite発売の勢いが大きく、そこに日本でもおなじみTouch! Generationsを始めとした新規ソフトの充実が牽引するという現象が、今や世界中を席巻しています。



イギリス国内でも累計200万台を突破し、当初のライバルだったPSPはもちろん、他の据え置きゲーム機をも上回り、2006年最大のゲームプラットフォームになっているとのことです。

日本や北米と比べ欧州の家庭用ゲーム機は押し並べてコストが高く、今までは普及時期に入るまで大変時間がかかっていたのですが、DSは比較的日本と変わらない値段で発売されたのもヒットの大きな要因でしょう。例えば[url=http://www.amazon.co.uk/s/ref=nb_ss_w_h_/202-9956444-7659047?url=search-alias%3Daps&field-keywords=ds+lite]amazon.co.uk[/url]ではDS Liteが?99と、約22000円少々で売られています。ちょっと高いって?

…ちなみに、12月8日発売のWiiは?179でなんと[b]お値段4万円[/b]。Xbox360は?279で[b]6万3000円![/b]PS3に至っては?425の予価で[b]9万6000円!![/b]もう、ソフト1本買って10万超えてしまうお値段です。

この事情は最近のユーロ高もありますが、他のユーロ圏でも同様の価格で売られており、ヨーロッパでは新型ゲーム機というのは毎回高嶺の花です。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6162448.html]GameSpot[/url])[/size]

関連記事:ヨーロッパでNintendoDSが700万台突破
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

    『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  2. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

    『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

  3. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

    PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  4. PS4/PC『ゴーストリコン ワイルドランズ』オープンβ開始!―Web限定実写CMも公開

  5. 『GRAVITY DAZE 2』「クロウ」が主役の大型DLCが3月21日配信、価格は無料で本編のやりこみ要素も追加

  6. 日本語版『Fallout 4 Pip-Boy エディション』開封レポート!

  7. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  8. 『Halo』シリーズ次回作からは「画面分割」を再び取り入れる―343 Industries代表

  9. Insomniac代表、『Sunset Overdrive』続編展開に意欲も「Microsoftに」

  10. スイッチ版『スカイリム』はリマスター版か否か?海外メディアがハワード氏へ直撃

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top