海外レビューハイスコア 『Phoenix Wright: Justice For All』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Phoenix Wright: Justice For All』

ニュース 最新ニュース



●[b]Console Gameworld: [size=medium]90[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―現行のゲーム機の中で、最良のアドベンチャー体験が味わえるタイトルの一つ。

●[b]Worth Playing: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―完全な続編というよりは、ほとんど拡張キットに近い。サイコロック(英語でも一緒)を除けば変更点は非常に少ないが、これは失望というよりは古い格言のいい例です。――"壊れてないなら直すなかれ"

●[b]IGN: [size=medium]7.8[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―硬直化したデザインや、少々イライラさせられるプロットの欠陥を無視するのは正直なところ難しいです。しかし魅力的な登場人物のために、フェニックスライト(成歩堂)を嫌うこともまた難しいです。

●[b]GameSpot: [size=medium]7.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―よく出来た、とんでもないキャラクターが引っ張るストーリーの長編アドベンチャー。しかし、有望な初代の基礎をさらに高めることはできていない。

●[b]EGM: [size=medium]7.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―最初のゲームの方が充実していて、もうちょっと良かった。でも、新たな事件に挑戦したいDSオーナーはワクワクすることでしょう。



異議あり!の名台詞で口コミからスマッシュヒットになったGBA版が、海外ではDSに移植されて初登場これまた海外でも予想外の高評価を得た逆転裁判の第2弾です。

ストーリー主導のカッチリした続編ということで、海外市場では新作として新鮮味がない部分に対するハッキリとした異議も感じられますが、プレイしたユーザーからは第3弾への期待も高いようです。

関連記事:コスプレイヤーの祭典Ohayocon’07が開催、リアル成歩堂に異議なし!

(c)CAPCOM
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

    なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

  2. Unreal Engineを生んだティム・スウィーニー氏がGDC生涯功労賞に選出!

    Unreal Engineを生んだティム・スウィーニー氏がGDC生涯功労賞に選出!

  3. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  4. 『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

  5. 『Portal』『L4D』デザイナーKim Swift氏がEAに移籍―Motiveで活動へ

  6. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  7. 牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語実装間近か―ニンテンドースイッチ版にも言及

  8. PS4版『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』体験版が期間限定配信!製品版セールも

  9. マイクラ風の『ARK』新作『PixArk』が海外発表―ポケモンGO風の新作ARゲームも

  10. PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top