ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Lost Odyssey』や日本の360は?FF?GoW!?坂口博信氏 海外インタビュー

家庭用ゲーム Xbox360



先日のGDC会場にて、GameSpotでは日本のミストウォーカー坂口博信氏へ独占インタビューを行っています。ブルードラゴンや期待のロストオデッセイに関する最新情報はもちろん、360の日本市場についても率直に答えてくれています。さらには自身が手がけていたFFシリーズから、最近のGears of Warまで!?坂口氏の考えが見えてくる海外ロングインタビューをお届け。



[size=x-small]海外では、8月の発売予定となっているブルードラゴン[/size]


[b]GameSpot[/b]:お時間いただけてありがとうございます。まずは、Blue Dragonから始めましょう。日本でのリリースに関して、個人的に満足されていますか?

[b]坂口氏[/b]:最初期の目標が日本で10万本でしたが、20万本になろうとしています。ですのでセールスには満足していて、日本市場を牽引する目標は成し遂げられたと感じています。

[b]GameSpot[/b]:日本のプレイヤーから寄せられたフィードバックはどのようなものでしたか?ゲームはどのように受けとめられましたか?

[b]坂口氏[/b]:(日本には)2ちゃんねるというとても大きなコミュニティーサイトがあります。私はしばしば板やスレをチェックして、その反応は圧倒的に素晴らしかったです。

[b]GameSpot[/b]:あなたはここ(GDC)で初めて、Blue Dragonの英語版を展示しています。プレイ可能なデモ版は出ますか?

[b]坂口氏[/b]:[英語で]ええ、私達はプレイアブルなデモを作っています。多分…6月か7月には。

[b]GameSpot[/b]:Lost Odysseyに移りましょう。開発の具合はどうですか?

[b]坂口氏[/b]:とても順調です。開発は非常にスムーズで、実際ベータ版を来月には出します。ですので今年の年末には、発売される見込みです。Unreal Engine 3によって大きく強化されたグラフィックは凄いですよ。

[b]GameSpot[/b]:Lost Odysseyにも(ダウンロード可能な)デモ版は期待できますか?あるとしたら日米両方の地域で利用できますか?

[b]坂口氏[/b]:まだ決定されてはいませんが、今はデモの計画がありません。私達の目的は、消費者の手にゲームを届けることで、彼らにこのゲームがどのようなものか本当に理解してもらうことです。

ですからその目的のため、ユーザーにより内容を伝えられるトレイラーを出したいと考えています。

[size=x-small]坂口氏曰く、"Don't Don't Don't…"[/size]


[b]GameSpot[/b]:日本の開発者へのMicrosoftのサポートをどう考えていますか?日本のチームが360のゲームに取り組むために、Microsoftがもっとできることは何ですか?

[b]坂口氏[/b]:全体的にとても良いです。サポートは突出していました。しかし、例えばEpicのUnreal Engine 3です。もちろん、あれは英語で開発されました。我々にはたくさんのバイリンガルなスタッフがいたので、UE3の開発に関して最新の情報を理解することが出来ます。しかし、もし英語を読めないプログラマーだったらそうはいきません。翻訳されるとしても、遅れがあります。

[b]GameSpot[/b]:あなたはBlue Dragonが日本の360でトップセラーになったとおっしゃいましたが、本体の普及は北米と比べて依然遠いものです。日本でこの水準の成功をもたらすために、Microsoftや開発者は何をすべきだとあなたは他に考えますか?

[b]坂口氏[/b]:[英語で]グッドマーケティング。日本のマーケティング担当は、それほど良くはありません。マーケティングは重要です。最も重要です。

[b]GameSpot[/b]:日本でのマーケティングがどのぐらい強化されたと考えますか?彼らは何を間違えていますか?

[b]坂口氏[/b]:例えば、"Jump in"のコピーです。これが何を意味するか、誰もわかっていません。日本の観衆に受けるにはローカライズする必要があります。日本でマーケティングに関する努力は、何も良くなっていません。市場の要求と需要を本当に良く考え、それに合わせる必要があります。もし"Jump in"を日本語で言ってもあまりかっこよくないですし、"Do, Do, Do"もあんまり良くないですよ(笑い)

[b]GameSpot[/b]:今回の世代では、3社がそれぞれが異なる戦略を描いています。それぞれのアプローチをどう思いますか?それらのシステムで開発したいとは思いませんか?

[b]坂口氏[/b]:あー久夛良木さんの7個のDSPにローパワーのCPUといった、PS3のアーキテクチャが私は好きではありません。そしてWiiはシステムがそれほど強力ではないですし、HDじゃありません。しかし実際のところ、HDTVを持っている家庭がとても多いわけではありません。HDTVを持っていない私がゲームをプレイする時に違いを伝えるのは難しく、しかしWiiでは比較的安く済みます。低コストなのは、Wiiについて魅力的なことの一つです。

[b]GameSpot[/b]:モーションセンサーについては、将来のゲーム開発の重要な要素になりそうですか?

[b]坂口氏[/b]:私はRPGを作ってきましたので、この技術に関してはそれほど興味がありません。しかし360のコントローラは、実際今まで見た中でもっとも良いものです。特にアナログ操作に関して、これがあれば他より簡単に扱えて正確に反応します。

[b]GameSpot[/b]:今日、たくさんのゲームがマルチプラットフォームになっていますが、もしFinal FantasyがXbox360にきたとしたら、自分自身のゲームと張り合うのはどんな感じですか?

[b]坂口氏[/b]:Dragon QuestがDSになったように、私はFinal Fantasyシリーズも同様に360に来るべきだと感じます。これは賢明なことです。アメリカやヨーロッパにはとても大きな可能性があり、360でシリーズが同様に成功する大きなチャンスがあります。

[b]GameSpot[/b]:それで、自分が何年もの間作り上げてきたシリーズと張り合うのは、何の問題も無し?

[b]坂口氏[/b]:喜んでぺちゃんこにしてやりますよ(笑い)

[size=x-small]今度は三人称シューターだって!?[/size]


[b]GameSpot[/b]:いい答えです。あなたは、とても長い間RPGに取り組んできました。それに飽きたようなことは?他のジャンルへの興味は?

[b]坂口氏[/b]:私はシミュレーションゲームが好きです。そして、FPSの大ファンではありませんでした。これらが面白いと思ってませんでした。しかしGears of Warを遊んで以来大好きになり、それをプレイするのは本当に良かったです。ですので私は、実際にGears of Warのような何かを作ることに興味があります。

[b]GameSpot[/b]:今回日本版を見ましたが、それは興味深い。それでGears of Warの日本市場登場に対して、Microsoftはローカライズやマーケティングの良い仕事をしたと感じますか?

[b]坂口氏[/b]:[英語で]ええ、ローカライズは良かったです。でもマーケティングはあまりに酷いです…あまりに(笑い)ゲームのことを誰も知りません。

[b]GameSpot[/b]:[同席したMSのPR担当へ]あなたは、ここをメモするべきです。それで、もし人々がゲームについて良く知るようになれば、売れるようになると考えますか?もっと良くアピールされれば?

[b]坂口氏[/b]:[英語で]ええ、確かに。もちろん。

[b]GameSpot[/b]:最後にあなたがゲーム業界で最近驚かされた、影響を受けたことはなんですか?

[b]坂口氏[/b]:Gears of War(笑い)

[b]GameSpot[/b]:他には?

[b]坂口氏[/b]:私はZeldaが好きです。WiiSportsはいまいちでしたが、Zeldaは大好きです。

[b]GameSpot[/b]:お時間頂き、ありがとうございました。
[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://www.GameSpot.com/news/6167571.html?tag=topslot;title;1&om_act=convert&om_clk=topslot]GameSpot: "Q&A: Mistwalker's Hironobu Sakaguchi"[/url])[/size]

【関連記事】
GDC2007:RPGパネルセッション?世界のトップランナーがRPGを語る
『ロストオデッセイ』発売は今年のクリスマス、[b]坂口氏[/b]が説明
スクエニ田中P欧州インタビュー、フレンドコードにはやっぱり不満も?
メタルギアの小島秀夫氏、今度は『PCゲームを作りたい』

【その後の反響…】
あまりに酷い…!?『Gears of War』日本版CMが海外でも注目を集める
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【攻略】『オーバーウォッチ』新ヒーロー「アナ」ガイド―特徴、相性、立ち回りを解説!

    【攻略】『オーバーウォッチ』新ヒーロー「アナ」ガイド―特徴、相性、立ち回りを解説!

  2. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  3. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイの「Top 500」システムが稼働!

    『オーバーウォッチ』ライバル・プレイの「Top 500」システムが稼働!

  4. PS4『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』日本語版の発売決定!全追加DLC収録でVR対応コンテンツも

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. Ubisoftから『The Division』Xbox One向けDLC時限独占が海外向けに正式発表

  7. 『Metal Gear Solid 5 Definitive Edition』なるPS4タイトルがゲーム販売サイトに出現

  8. Xbox One S本体の開封映像到着―4K出力はアップデートで対応?

  9. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  10. PS4バスケ『3on3 フリースタイル』が2016年秋国内発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top