ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「あなたが憧れるゲームクリエイターの職種は?」投票結果発表

家庭用ゲーム PlayStation 2




かつては全国小学生の憧れ(だったこともある)、誰もが一度はやってみたいゲームのお仕事。今回はテーマを変えて、ゲームを作る職業についてアンケート。憧れだけでは決して勤まらない大変な職場ではありますが、今日もたくさんの日本人が世界中から注目を集めているそんな夢の舞台。最近のゲーマー達は、ゲームデザインのどんなところに憧れを感じているのでしょうか?






今日はズラッと円グラフで表示。今回も全体では、956人の方からお答えをいただきました。

2割近い票を集めて今回1位になったのは、なんと職人技が光る日本の伝統工芸『ドット絵師』さん。3Dポリゴン化の荒波は今や携帯ゲーム機まで覆い、一時は絶滅寸前の大ピンチ。とはいえ、プレイヤーからすると、みっちり打たれたあのドット絵には、ゲームとして変わらない魅力があるのかも。

実際もし作る側になったら、また恐ろしく根気が必要そうな職種でもありますが、過去に留まることなく新しい技法を取り入れ、独自の魅力を持った2Dアートワーク達は世界でも新鮮に受け止められたり、8bit時代のドット絵が今やアートとして使われている姿は当サイトでもすっかりおなじみに。まだまだ新たな可能性はありそうです。

まさかのドット絵師に続いて2位の座を確保したのは、この人たちがいないと何も始まらない縁の下の力持ち『プログラマー』さま。不可能を可能にしてしまう天才的なハック(ひらめき)で、魔法使いだの、導師だのと崇められる海外に比べると、プログラマー自身が日本のゲームメディアで取り上げられる機会はまだまだ少なく感じられますが、今までにないスゴイゲームが実現したのも彼らの力があってこそ。その役割の重要性はますます大きくなっています。

そして3位に入ったのは、やっぱり一度はやってみたい『ゲームプランナー』氏。斬新なゲームを生み出す彼らのアイディアを支えているのは、幅広い知識と興味。ゲームの可能性が広がる今だからこそ、これまでにない発想が求められています。日頃からゲームばっかりやってます!なんて人には、一番向いてない職業だったりするのかも。



今回はこれら3位までで全体の半数近くを占め、やっぱり人気のポジションとなっていますが、全体を見渡すと意外にどれかひとつへ集中するのではなく、最近はサウンドやモデリングなどゲームの専門職的な部分に憧れを抱く人もずいぶん増えてきたみたい。

海外では別物として扱われるデザイナーとアーティストの境目がずっとあいまいだったりして、これまではまとめて一括りで呼ばれることの多かった日本のゲームクリエイターという職業も、漠然とした憧れだけの時代はそろそろ卒業なのかも。高度に分業化や専門化が進んだ現在では、ひとつの作品の中でもちゃんとそれぞれの魅力が伝わるようになってきているのかもしれませんね。

今回もたくさんの投票をありがとうございました。また次回のアンケート結果をお楽しみに!
[size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/28954707@N00/403296496/]Flickr[/url])[/size]

 
【関連記事】
投票結果発表!「あなたの理想とするゲームの主人公像は!?」
「あなたは2D派?それとも3D派?」投票結果発表
「ボイスチャットについてどう思いますか?」投票結果発表

『ウドンのカプコン画集』…スト2HDのUdon Entertainmentから豪華画集が発売に
『Gears of War』のモデリングができるまで…豪華解説書が発売に
ゲームやろうぜ、学校で!イギリスの大学にPSPの開発キットが提供される



“グロテスクなスケジュールが含まれています"…カプコンがプログラマを募集中
Too Late!開発難航の『Too Human』Silicon KnightsがついにEpicを訴える
Doomでも、Quakeでもない!John Carmackは、ただいま完全新作を開発中!
『Duke Nukem Forever』制作発表から10年、やっとまともに開発開始?

生きた伝説…任天堂 宮本茂氏へ世界中のファンから寄せられた10の質問!
絶好調な任天堂の変わらないその哲学…手塚卓志氏海外インタビュー
日本のインディーシーンを引っ張る『Blast Works』長健太氏海外インタビュー


懲らしめるよりご褒美を!『Supreme Commander』Chris Taylorのデザイン論
2Dゲームの変わらない魅力…『Prince of Persia』Jordan Mechnerのデザイン論
あのポスタル・デュードが今こそ吼える!『Postal』Vince Desiのデザイン論





《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 破壊系レーシング『Wreckfest』PS4/X1版は2017年春に海外リリース

    破壊系レーシング『Wreckfest』PS4/X1版は2017年春に海外リリース

  2. DLCまで全収録の『MGS V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN』11月発売決定

    DLCまで全収録の『MGS V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN』11月発売決定

  3. 『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

    『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

  4. 各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

  5. 『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』4週連続システム紹介動画第3弾「協力プレイ」編公開!

  6. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」解説動画―あのパドルボールも頼れる武器に!

  7. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  9. 『ファイナルファンタジー XV』日本語版ゲームプレイ33分―序盤物語が語られる

  10. 【GC 2016】新作『METAL GEAR SURVIVE』が発表!―ゾンビのような敵と戦う4人ステルスCo-op

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top