ダンクショットならぬブルショット?EAの『NBA Live 08』画像に修正疑惑 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ダンクショットならぬブルショット?EAの『NBA Live 08』画像に修正疑惑

家庭用ゲーム PlayStation 2

[size=x-small]ウォッカとビーフブイヨンのカクテルをBULL SHOTと言うそうです[/size]


みなさんは、"[b]Bullshot[/b]"という言葉を知っていますか?テレビゲームの宣伝の際、見栄えを良くする為に修正を施されたスクリーンショットのことをブルショット、というそう。今回槍玉に上がったのは、Electronic ArtsのNBA Live 08。EAといえば、ありとあらゆるスポーツの公式ライセンスを取得、バスケットボールだけでなく、サッカーや、アメフト、アイスホッケーにクリケットまで、たくさんのスポーツを手がけており、最近発売された[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=madden+nfl+08&kcatid=&x=0&y=0]Madden NFL 08[/url]でも、その質の高さを見せています。


ブルショットは、ゲームをよりよく見せるために、Photoshopなどを用いて画面(=スクリーンショット)からシャギーを無くし、より質感(ツヤや光沢)を高めます。NBA Live 08の最近のスクリーンショットでは、ツメの甘さからか、修正したものが指摘されています。それが以下の画像。

[url=http://image.com.com/gamespot/images/2007/224/939306_20070813_screen006.jpg][/url]左端にいる赤いユニフォームの選手が半分消えている


[url=http://image.com.com/gamespot/images/2007/221/939306_20070810_screen001.jpg][/url]ボールが超リアル。質感がすごい


もちろんEAが「これはブルショットです」と言うはずもなく、確定はできませんが、photoshopのエアーブラシを使って失敗したかのような、半分消えている選手を見ると疑いたくもなります。その選手のホラーめいたおそろしさもさることながら、スクリーンショットを100%信用できないこともちょっとコワい話だったり……。「額面どおりにスクリーンショットを受け入れないで下さい。それは単に宣伝の為の誤ったスクリーンショット、すなわちブルショットであるかもしれません」とJoystiqでは警告しています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/08/15/ea-shows-clearest-bullshot-in-a-long-time/]Joystiq: EA shows clearest 'bullshot' in a long time[/url]) (イメージ: [url=http://www.flickr.com/photo_zoom.gne?id=1043233101&size=o]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
この秋はバスケが熱い!『NBA』タイトルスクリーンショット
『ウイニングイレブン』最新作にスタジアムエディット…なフェイク画像?
本物は一体どうなる?『GTA4』のフェイクスクリーンショット集
なんとXbox360版『モーターストーム』のトレイラーが配信!でも・・

(C)Electronic Arts All rights Reserved




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

    『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  2. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

    戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  3. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  4. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  5. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  6. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  7. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  8. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  9. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  10. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top