GC 07: 創造できるのは生物だけじゃない!『Spore』最新トレイラー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GC 07: 創造できるのは生物だけじゃない!『Spore』最新トレイラー

PC Windows

来年春以降への延期が告げられて以来、PCゲーマーの脳裏からしばらく遠ざかっていたウィル・ライト氏の新作生物進化シミュレーターSpore。前回お伝えしたE3 2007で予告された通り、只今開催中のGames Convention 2007にて、本当と久しぶりになるトレイラーがリリースされました。より磨きがかかって洗練された感のあるインターフェースやグラフィックを、じっくりと見届けておきましょう。

[b]GC 2007 Exclusive Trailer[/b] [size=x-small]ウィル・ライト氏をはじめ、Maxisの開発者達の解説を交えたコメンタリー映像[/size]


[b]GC 2007 Exclusive Trailer 2[/b] [size=x-small]微生物の生存競争から、種族の一大文明を築き宇宙へと進出していくSporeのゲームプレイをダイジェストに紹介したトレイラー[/size]


[b]Spore: Player Driven Textures[/b] [size=x-small]開発ソフトを使ったクリーチャーデザインの様子。まるでペイントツールのように、自分だけの新しい生物を創造できてしまうなんて夢のようです[/size]


様々なタイプのボディパーツや骨格が並んだパレットから、自由に組み合わせて生物をデザインすることができるSpore独特のクリーチャーカスタマイズ画面。何度見ても創造力をかきたてられます。

今回の新しい映像で目に付いたのは、このカスタマイズ画面で、クリーチャーの体型だけでなく兵器や乗り物といった生物以外の道具もデザインできてしまうこと。プレイヤーの操る種族の形態や色に合わせた、ユニークなデザインを施す楽しみがありそうです。

デベロッパーMaxisが開発するSporeは、Electronic Artsから、2008年3月から5月頃の間に発売が予定されています。PCバージョンと同時期の発売が予定されているニンテンドーDS版やモバイル版については、GC 2007の会場で展示されていないのか、まだ情報が入っていません。[size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/moonsoleil/499319728/]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
『Spore』がらりと雰囲気が変わった最新映像!DS版の内容も明らかに
開発費が足りない?『Spore』公式サイトに外部広告が鎮座
続編とぱちものゲームはもう十分?ウィル・ライト氏が警告

Sporeの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) 2007 Electronic Arts Inc. All rights reserved.





《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 狂気の深淵へ…『Call Of Cthulhu』ダークな最新海外トレイラー

    狂気の深淵へ…『Call Of Cthulhu』ダークな最新海外トレイラー

  2. SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

    SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

  3. ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

    ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

  4. 『レインボーシックス シージ』遂にタチャンカ大幅強化!大型調整パッチノート

  5. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  6. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  7. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  8. Obsidianが新たなプロジェクト「Project Louisiana」を発表

  9. ファンタジーサンドボックスMMO『Dark and Light』―開発期間は12年!

  10. 『Halo Wars 2』マスターアップ! マルチプレイヤーベータも1月20日より実施

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top