GDC 08: 『MGS4』でも採用、Image Metricsによる驚きのフェイシャルアニメーション技術 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 08: 『MGS4』でも採用、Image Metricsによる驚きのフェイシャルアニメーション技術

PC Windows



新作ゲームだけでなく、ソフトウェア開発環境で使用される様々なテクノロジーも披露されているGame Developers Conference 2008。アメリカの人気番組G4TVのX-Playがリポートしたこちらの映像は、ゲームに登場するキャラクターの顔の動きを制作する[b]フェイシャルアニメーション技術[/b]を紹介したもの。Image Metrics社によるこのテクノロジーは、特殊な機器やスタジオは一切必要なく、ごく一般のビデオカメラで撮影した動画ファイルをもとにデータを構築することができるそうです。

インタビュー映像中にも登場するように、この技術はメタルギアソリッド4やGTA IVなど、最新の次世代機向けタイトルにも採用されており、元になる動画ファイルやCGモデルから膨大な量のデータがアナライズされ、そこから生み出されるゲーム中の感情豊かな人の表情は、ゲーマーの心をぐっと動かしてくれそうです。[size=x-small](ソース: [url=http://www.g4tv.com/xplay/features/20352/First_Look_Image_Metrics.html]G4 X-Play[/url] via [url=http://news.filefront.com/gdc-08-image-metrics-shows-the-future-of-facial-animation/]GAMING TODAY[/url])[/size]

【関連記事】
『PLAYSTATION Eye』を利用したヘッドトラッキングVRシステム
動画で見る『ゲーム中の水の表現』TOP10
日本の次世代ゲーム開発現場は海外に大きな遅れ?コナミの山岡氏が苦言
PS3は贅沢ではなく“必須” 『Killzone 2』プロデューサーインタビュー
次世代エンジンに触れてみよう!CryEngine2技術ムービー
何でも出来そう? 『Alone in the Dark』テクノロジーデモ映像
本日のドーブツ奇想天外ムービー『アサクリのバグった馬』
《Rio Tani》

特集

PC アクセスランキング

  1. マルチプレイ海戦FPS『Blackwake』Steam早期アクセス!―酒飲みながら大混戦

    マルチプレイ海戦FPS『Blackwake』Steam早期アクセス!―酒飲みながら大混戦

  2. 『Mass Effect: Andromeda』完成、PC版必要スペック情報も公開

    『Mass Effect: Andromeda』完成、PC版必要スペック情報も公開

  3. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

    PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  4. 人気牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語版ベータテスト開始!―フォントの雰囲気も再現

  5. Co-opサバイバル『The Wild Eight』Steam早期アクセス開始―極寒の地に残された8人

  6. 宇宙で暮らす新作Sci-FiサバイバルFPS『Genesis Alpha One』が発表!

  7. “ロボカスタム + 高速バトルレース”なインディーロボゲー『BREAK ARTS II』Steamページ公開

  8. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

  9. 「PS Now for PC」2017年春よりスタート…Windows PCでPS3タイトルがプレイ可能に

  10. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top