対戦無料、PC版マーケットプレイスもいよいよ開始…『Games for Windows Live』の将来は? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

対戦無料、PC版マーケットプレイスもいよいよ開始…『Games for Windows Live』の将来は?

PC Windows

[size=x-small][/size]



各社のPCゲームからコンソールまで結んでしまうMicrosoftならではの架け橋として、昨年鳴り物入りで登場したものの、期待のVista共々PCゲーマーにはなかなか受け入れられないところも多かった[b]Games for Windows Live[/b]。今年のE3では、全くといっていいほど話題が出てこないまま終わってしまいましたが、こちらはMicrosoftが開発者向けに行ったGamefest 2008にて、久しぶりに今後の予定が明らかに。海外サイトのインタビューでは、気になるSteamとの関係についても語られています。




* * * * * * * * *




[size=x-small]家庭用の方では、新たなアバター機能と共に驚くほど生まれ変わったインターフェースですが、こちらも今後にご注目[/size]




これまで良くも悪くも、PCでは各社バラバラが当たり前だった垣根を越え、オンラインIDからコミュニティまで一体化するGames for Windows Live。既存のXbox Liveユーザーはそのまま同じアカウントで利用できたものの、PCゲーマーからはかなりのブーイング続きだった、有料マルチプレイがようやく撤回され、本日により基本的にどの機能も無料で利用可能になっています。

また、今のところPCゲームの標準的なシステム機能と呼ぶにはほど遠く、ソフト毎に家庭用のインターフェースをそのまま載せたかのような中途半端な操作系も、今後はPC向けに大きく見直されるようです。

[size=x-small]クロスプラットフォーム対応として、当初からアピールされていたVista版UNO。しかし、実は未だに発売された形跡ナシ…[/size]




そして一番注目なのは、こちらもようやく始まる[b]Games for Windows Live Marketplace[/b]。家庭用のコンソールで行われているような、ワンストップで統一されたダウンロードサービスが、Games for Windowsブランドとしてこの秋にも、PC向けに始まります。

今回発表を行った、MicrosoftのGames for Windows上級ディレクターKevin Unangst氏が、後に[url=http://www.shacknews.com/onearticle.x/53807]Shacknews[/url]のインタビューに答えたところによると、立ち上げ当初は体験版やトレイラー動画、有料や無料の追加コンテンツがその中心になるとのことですが、いずれXbox Liveアーケードのような形から本格的な大作まで、ゲーム本編がまるごと登場するのも遠くはなさそう。

実際のインターフェースなどはまだ明らかになっていないものの、コンテンツの購入はブラウザでも出来るほか、それとは別の"ゲーム外クライアント"も同時に用意されるようです。


[size=x-small]キーボード設定も可能なGames for Windows版Geometry Warsは、現在MSNとそしてSteamの両方で販売中[/size]



最近はEAやBlizzardなどの大手から、無料/カジュアルゲーム中心の新興パブリッシャーまで、現在も各社各様のゲームダウンロードサービスにおいて、その中でもこれからどうしても気になるのが、ValveによるSteamの存在。

PCゲームの扱い辛さを過去のものにする、統一されたゲームの自動更新、ディスクレスのデジタル流通サービスとしていち早く始まり、近頃は逆にSteamの方でも実績システムが加わったり、コミュニティーとしても大きな地位を築きつつありますが、Mirosoftでもこの点は少なからず意識している様子。

インタビューによれば、Games for Windows Liveを利用するタイトルであっても、他のダウンロードサービスで販売されることになんら制限はないそうで、今のところSteamと直接競合する部分はあっても、消費者やパブリッシャーが複数の選択肢から選べるようになれば、Windowsプラットフォーム全体として素晴らしいことだとしています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.shacknews.com/onearticle.x/53807]Shacknews: "Games for Windows Takes on Steam"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url="http://www.flickr.com/photos/gamerscore/"]GamerScoreBlog[/url])[/size]

 
【関連記事】
E3 08: アバター!HDDインストール!LIVEと共に生まれ変わる驚きのダッシュボード新機能
E3 08: 『Geometry Wars 2』『Galaga Legion』…夏注目のXBLA動画プレビュー大集合
E3 08: WindowsとXbox 360版の『Fallout 3』に専用DLCコンテンツの存在が明らかに!

ギネスにも仲間入り!『Civilization』海外ゲームの父Sid Meier氏に聞く10の質問
『ファイナルファンタジーXI』 Direct2Driveでのダウンロード販売が発表に
ビデオゲーム産業は2009年に570億ドル(6兆円)を超える市場規模になる

PCゲームの危機にNOを叫ぶ!『Steam』 Gabe Newell氏が語るPCの可能性
今後はセーブデータもオンラインで同期可能に…Valveが『Steam Cloud』をアナウンス
ValveはSteamの立上げの際、マイクロソフトとYahooに相談したそうですが……

動画でチェック!話題の『iPhone 3G』対応ゲームもさまざまなソフトが開発中
『XNA Community Games』ユーザー同士による配信コミュニティーがいよいよ始動
Windows Vistaにも有料ゴールドメンバーシップが登場か

- トップに戻る -




(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.




 






《Miu》

PC アクセスランキング

  1. SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

    SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

  2. ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

    ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

  3. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

    『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  4. Obsidianが新たなプロジェクト「Project Louisiana」を発表

  5. 『Halo Wars 2』マスターアップ! マルチプレイヤーベータも1月20日より実施

  6. 対戦ストラテジー『Atlas Reactor』が完全F2P化!―シーズン2が開幕

  7. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  8. 天使が敵に憑依するレトロPCゲーム『Messiah』がSteam配信!―オリジナル版発売から約17年

  9. PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

  10. 『レインボーシックス シージ』遂にタチャンカ大幅強化!大型調整パッチノート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top