ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty: World at War』登場武器やPerk、Wii版の詳細などが明らかに

PC Windows


太平洋戦線が舞台となっている第二次世界大戦FPS、[b]Call of Duty: World at War[/b]の登場兵器やPerk、Wii版の詳細などが明らかとなりました。まずは登場武器とPerkから見ていきましょう。


[b]■登場兵器[/b]

[b]○アメリカ軍[/b]
・トンプソン M1A1
・M1A1 カービン
・ブローニング・オートマティック・ライフル(B.A.R)
・トレンチショットガン
・スプリングフィールド M1903
・スプリングフィールド M1903(スコープ付き)
・M2 火炎放射器
・M1911(通称コルト45)
・銃剣
・M9 バズーカ
・ブローニング M1919A6
・M2 マシンガン
・MK2 フラッググレネード
・スモークグレネード
・サッチェルチャージ
・地雷

[b]○ソビエト軍[/b]
・TT-33
・モシンナガン
・モシンナガン(スコープ付き)
・PPSh(71発ドラムマガジン)
・PPSh(31発バナナマガジン)
・RGD-33

[b]○ドイツ軍[/b]
・ルガー P08
・Kar98
・Kar98(スコープ付き)
・MP44
・MP40
・MG42
・MG34
・メッサー(ナイフ)
・柄付き手榴弾(通称ポテトマッシャー)

[b]○日本軍[/b]
・南部14年式
・九九式小銃
・百式機関短銃
・銃剣
・刀
・九七式手榴弾

[b]○イギリス軍[/b]
・ステン


[b]■Perk[/b]

Juggernaut(ヘルス増加)
Sleight of Hand(リロード速度UP)
Extreme Conditioning(長距離のスプリントが可能)
Martyrdom(死亡した時に着火したグレネードを落とす)
Steady Aim
Bandolier(所持弾数増加)
Iron Lungs
Stopping Power
Deep Impact
Sonic Boom
Last Stand
Monkey (木に登りやすくなる)
Frogman (泳ぐ速度が上がる)
Play Dead
Crouch Sprinter
[b]Banzai[/b]

登場武器は第二次世界大戦物ではお馴染みの物ばかりですが、日本軍に三八式歩兵銃や九九式軽機関銃などがないのがちょっとガッカリ。まぁCall of Dutyシリーズはどちらかというとアクション寄りなのでしょうがないですね。

Perkは[b]Call of Duty 4[/b]と大体同じですが、幾つか新しいものが入っているようです。木に登りやすくなる[b]"Monkey"[/b]や泳ぐ速度が上がる[b]"Frogman"[/b]も気になりますが、やはり気になるのは[b]"Banzai"[/b]ですね……。いずれにせよ地形を生かした戦い方が重要になってきそうです。

さて最後はWii版の詳細をお伝えします。

■プレイヤーが丘を登るときに正面を向くなど、カメラはプレイヤーを助けるように調整されている。
■操作のセンシティビティやデッドゾーン、照準の加速など操作を柔軟にカスタマイズ可能。
■30名の開発チーム
■オンラインマルチプレイヤーはPS3/360と同じ。同じマップ・モード・車両が使用できる。
■車両のための専用マップ。
■マルチプレイヤーは最小でも8人。
■ニンテンドーWi-Fiコネクションを使用。
■オンラインCo-Opはなし。
■Squad Mate Mode搭載:第2のプレイヤーが射撃を手伝えるように、もう1つの照準をスクリーンに表示。
■Wii版はXbox 360/PS3/PC版と同じエンジンを使用。

Xbox 360やPLAYSTATION 3版と比べるとグラフィクスが見劣りしてしまうのは仕方ありませんが、Wiiザッパーによる直感的な操作は面白そうですね。操作感度なども柔軟に調節できるようなので、うまく調整すればかなり操作しやすくなるのではないでしょうか。

今回詳細をお伝えしたWii版だけでなくWindows PC/Xbox 360/PS3版どれも期待できそうなCall of Duty: World at Warは今年11月に発売予定です。
[size=x-small](ソース:[url=http://www.destructoid.com/cod-world-at-war-perks-and-weapons-revealed-101121.phtml]DESTRUCTOID[/url], [url=http://gonintendo.com/?p=53815]GoNintendo[/url], イメージ:[url=http://www.joystiq.com/photos/call-of-duty-world-at-war/875228/]Joystiq[/url])[/size]

【関連記事】
GC 08: 恐るべし火炎放射器…『Call of Duty: World at War』直撮りプレイ映像
PC版『Call of Duty: World at War』の最小スペックが明らかに
ドキュメンタリーのワンシーンのような『Call of Duty: World at War』最新ショット
戦場の環境は様々…『Call of Duty: World at War』最新スクリーンショット
Infinity WardがActivisionと新たな契約、開発主導の完全新作の開発を示唆
ソ連兵やドイツ兵の姿も。『Call of Duty: World at War』スクリーンショット
前作の良さを継承しつつさらに進化『Call of Duty: World at War』プレビュー
『Call of Duty: World at War』ロング版トレイラーが公開中
GameTrailers週末スペシャル『Call of Duty: World At War』他、三本立て!
ついに『Call of Duty: World at War』のスクリーンショットが初公開
恐るべし日本兵『Call of Duty 5』の情報が海外誌に掲載!正式タイトル名も決定

『Call of Duty: World at War』の次作品となるCoDシリーズ最新作は2009年に発売予定?

Call of Dutyの関連記事をGame*Sparkで検索!

COPYRIGHT 2007 TREYARCH CORPORATION

- トップに戻る -







《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. ハクスラRPG『Titan Quest』がアニバーサリーエディションに―マルチプレイ機能復活、日本語版も配信開始

    ハクスラRPG『Titan Quest』がアニバーサリーエディションに―マルチプレイ機能復活、日本語版も配信開始

  2. 宇宙MMO『EVE Online』が11月よりFree-to-Play化!―ローンチから13年目の改革

    宇宙MMO『EVE Online』が11月よりFree-to-Play化!―ローンチから13年目の改革

  3. PC版『Fallout 4』の最終DLC「Nuka-World」が日本語音声・字幕配信開始―本体バージョンも1.7へ

    PC版『Fallout 4』の最終DLC「Nuka-World」が日本語音声・字幕配信開始―本体バージョンも1.7へ

  4. 『Rise of the Tomb Raider: 20YC』海外ゲームプレイデモ!アンデッドとの戦いも

  5. 『シヴィライゼーション VI』インド国内向け映像―指導者はお馴染み「ガンジー」に

  6. 『CoD: Infinite Warfare』マルチプレイヤーモードの初披露放送が近日配信!

  7. 『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

  8. 『H1Z1: King of the Kill』PC版が9月に正式版へ―PS4/X1版は開発一時停止

  9. 人間の直感の意味を問いかける一人称パズル『The Turing Test』が配信開始

  10. ナム戦FPS『Rising Storm 2』ヘリお披露目トレイラー!―海外ハンズオン情報も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top