ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハイビジョンには…?「安心して待っててください」次世代機について宮本氏が海外TVに語る

家庭用ゲーム Wii




次世代やら新世代やらと長い間に渡って呼ばれてきたゲーム機たちも、いよいよ発売から3度目のクリスマスが迫り、ハードウェアをフル活用した専用タイトルがようやく一番盛り上がってくる季節。ソフトの開発が佳境を迎える一方で、最近は各社ともついにチラホラ聞こえてくるようになった、次なる後継機の話題。

PAL圏ではこれから登場するWii Musicの発売を目前に控え、今度はヨーロッパを歴訪中の日本が誇るゲームゴッド、任天堂の宮本茂氏へのインタビューにて今回、ドイツのTV局がWiiの後継機について少々大胆な質問を直接敢行、英訳された内容が海外ではちょっとした話題を呼んでいるようです。

当然ながら、発売が決まっていないものについては一切喋れないとしつつ、そこはいつものようにサービス精神の旺盛な宮本氏。特に日本のユーザーにはちょっと気になる具体的な例も挙げて、今から話題の次(次々)世代機について任天堂のスタンスを少しだけ語ってくれています。



* * * * * * * * *












「難しい質問なんですが……あの、当然技術はどんどん進んでいきますしね。で、日本のテレビも2011年でアナログテレビがなくなっていくっていう未来に対して、当然色んなものを準備してるから……あの、安心して待っててください」


それまでと一転して、さすがに固い口調ながら、宮本氏は海外でいきなり日本のデジタル放送事情について言及。語ってくれたのはあくまでも一般論ではありますが、Wiiの後継機に関してはまずハイビジョン解像度への対応と登場時期が焦点とされるだけに、なかなかどうして気になる発言かも。

30分に渡る今回の[url=http://www.3sat.de/3sat.php?http://www.3sat.de/neues/sendungen/magazin/112080/index.html]インタビュー[/url](MP4ファイル)では、その成果がさまざまな形で取り上げられるWii Musicの製作過程や、海外では毎回聞かれるハードコアゲーマー向けのタイトルについても、日本ではあまり聞けない率直なお答えをされていますが、任天堂の次世代機について今の時点で明かすことのできる(サービス精神旺盛な)宮本氏のビジョンはなおも続きます。


「……大体どこのゲーム会社も、同じ会社のCPUを使い、グラフィックチップを使い大体できることは一緒なんです。だから後は、値段に合わせて何をするかということなんですね」



「そうするといよいよ、任天堂が今までやってきたような、どういう表現を使うとかどういうしくみで遊ぶかというところの開発に、もっと色んな会社の意欲が向いてくると思います。だから近い将来もっとユニークな遊びのしくみというのは色んなところから考えられるでしょうし、その中で任天堂は一番になれるように、何か新しいことを考えるっていうだけですね」



海外では先月もその存在が[url=http://www.gamepro.com/article/news/207313/sources-nintendo-privately-showing-new-wii-hardware-dubbed-wii-hd/]噂になり[/url]、Wii HDなんて名前で呼ばれている任天堂の次世代コンソール。早くも一部のアナリストなどからは既に、2011年にも登場するなどとされていますが、その頃になればハイビジョングラフィックへの対応は時代の要請としても、任天堂が出すからにはやっぱりそれだけに止まらない、新しいゲームの楽しさもまたまた期待できそうです。

ちなみに、今のWiiが公開される前に一部で[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Nintendo_On]話題になった[/url]、頭にバイザーやヘッドマウントディスプレイを装着するようなゲーム機の可能性についてまで尋ねられると、最後に宮本氏はこう付け加えています。


「……で、個人的には、あのゴーグルっていうものについては、遊んでる人の姿を横から見たときに、あんまり印象が良くないなと思ってます(苦笑)」


今見るとなんだか懐かしい一番上の有名なネタ画像、[url=http://www.youtube.com/watch?v=zX2smM87r14]レボリューションすぎなゲーム機[/url]は、どうやらWiiの後継機になっても、まだまだ当分お目にかかることはなさそうです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.nintendowiifanboy.com/2008/11/10/miyamoto-were-not-soft-on-graphics/]NintendoFanboy: "Miyamoto: We're not soft on graphics"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url="http://www.3sat.de/3sat.php?http://www.3sat.de/neues/sendungen/magazin/112080/index.html"]3sat Podcast[/url])[/size]

 
【関連記事】
Wiiの生産量は1.5倍増、いまだ品薄の人気に今年もクリスマスは足りないかも!
Wiiの魔法使い!世界進出『Wii Fit』 宮本茂氏が海外TIME誌に語る舞台裏
今年のTIME誌「最も影響力のある人物」、200万票を集めて宮本氏がぶっちぎり独走中

ロングバージョンも登場!海外版任天堂カンファレンス、話題のWii用新作動画ピックアップ
あの『パンチアウト』や『罪と罰』の続編も!注目の任天堂カンファレンス新作トレイラー
多機能ゆえ…?『ニンテンドーDSi』新型専用のゲームについてはリージョン制限アリ

中東のドバイでなぜか今、人気を呼ぶあの幻の次世代ゲーム機
コントローラもどこかで見たような…『MiWi』またしても中国製そっくりハード現る
ファミコン登場前夜…あなたの知らない、70年代ゲームコンソールの世界

未来予想図の1つが遂に実現。脳波で操作するコントローラー
これは欲しい!新型ニンテンドーDS LiteのファンメイドCM
Wii 2に望むのは脳波によるコントロールだ!

海外レビューハイスコア 『Wii Music』
海外レビューハイスコア 『Wii Fit』
海外レビューハイスコア 『LittleBigPlanet』



- トップに戻る -




 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』の一部ディテールが海外レーティング審査機関に記載―ストーリーにも言及

    『バイオハザード7』の一部ディテールが海外レーティング審査機関に記載―ストーリーにも言及

  2. PS4『ウイイレ2017』VS『ウイイレ2016』グラフィック比較映像―両作の違いとは…

    PS4『ウイイレ2017』VS『ウイイレ2016』グラフィック比較映像―両作の違いとは…

  3. 【GC 2016】DCスーパーヒーロー達の熱い激突再び!『Injustice 2』ハンズオン体験レポ

    【GC 2016】DCスーパーヒーロー達の熱い激突再び!『Injustice 2』ハンズオン体験レポ

  4. 『トゥモロー チルドレン』国内向けメイキング映像―京都にスタジオを置いた理由とは

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  7. Xbox One下位互換の『CoD 2』はフレームレートが大幅に向上!―ほぼ60fpsをキープ

  8. 【GC 2016】ニューボルドーを黒く塗りつぶせ!『マフィアIII』ハンズオフデモプレイに参加

  9. 『THE KING OF FIGHTERS XIV』アントノフを紹介したトレイラー!大迫力な攻撃の数々

  10. MSスペンサー氏、HD版『ゴールデンアイ 007』権利問題を語る

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top