“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外アニメ版『ストリートファイター』の色々と酷いシーン詰め合わせ映像

March 11, 2009(Wed) 14:37 / by RIKUSYO



1995年から1997年にかけてアメリカで放映されたアニメ版ストリートファイター。2シーズンで全26話が放映された本アニメは相当酷い出来だったようで、YouTubeでは特に酷いシーンを選りすぐったRemix映像がアップロードされています。一体どれほどの破壊力を持つのかチェックしてみましょう。



これは酷い。


なんというかどのシーンもキャラクターの表情や動きがシュールすぎます。中でも一番笑ったのは1本目の動画後半に登場する「フェイロンが熾炎脚で空中を移動しながらドラム缶を破壊して行く」というシーン。文字にすると訳がわからないので是非ご自分の目で確かめてみるのが良いかと思われます。

果たして当時このアニメを見た方々はどんな反応をしたのでしょうか。ストリートファイターの迫力あるアクションがアニメでも見られると期待していた人にとっては、かなりのカウンターパンチだったかもしれませんね……。
(ソース: DESTRUCTOID, イメージ: YouTube)
【関連記事】
1992年にGameProが配った『ストリートファイター』バレンタインデーカードが酷い件
まさかシロウト?『カオスウォーズ』北米版の英語吹き替えが酷い件
任天堂の新戦略?『マリオカートWii』の海外版テレビCMが酷い件
『大乱闘スマッシュブラザーズX』の全米トーナメントでもらえるトロフィーが酷い件


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image