ドウェイン“ザ・ロック”ジョンソンが、映画『DOOM』は失敗だったと発言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドウェイン“ザ・ロック”ジョンソンが、映画『DOOM』は失敗だったと発言

ゲーム文化 カルチャー



2005年に公開された映画版DOOMに出演したドウェイン“ザ・ロック”ジョンソン、ハムナプトラ2のスコーピオン・キングで憶えている方も多いでしょうか。彼がMTVのインタビューで「映画版DOOMは失敗だった」と発言しています。さて問題の映画版DOOM、ご覧になられた方はロック様が何を持って失敗だと言っているのか、そもそもメジャー作品として成功しようと思っていたのか、少々疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

物語が破綻しているにも関わらず不自然に尺の長いドラマ的なシーン、FPS視点で進められるシーケンス、えっ??いやいやDOOMでそれは無い!と誰もが脱力する衝撃のラスト、爆発!大量の銃弾!チェーンソー!無駄にでかい武器。そして何よりDOOMを怪作にしているのが、B級テイスト満載な舞台にふさわしくないキャスト達な好演です。このおかげで、鑑賞中は不思議な気持ちが低い回転数で持続するという珍しい映画に仕上がっています。

改めて失敗発言にスポットを当てると、ロックさん一体何を作ろうとしてたんですか!とツッコミいれざるを得ないのは至極当然、むしろ色んな意味で立派な迷作として大成功じゃないですかと思うわけです。インタビューはMTV Newsでご覧頂けますが、ロックさんがインタビュー開始早々冗談で「DOOMはもの凄い、ものすっごい!大成功だよ!!」と、ノリノリで喋ってる所を見るに、本人もネタとして楽しんでる様子で少し和んだ次第です。
[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3173255]1UP[/url])[/size]

【関連記事】
みんな大好きウーヴェ・ボルがラジー賞で2冠!
亀仙人が強すぎな『Dragon Ball Evolution』初公開ゲームプレイ動画
ワーナーが『トゥームレイダー』映画版シリーズを再始動、スタッフやキャストも一新
あのバーチャル世界『Second Life』が映画化!?
《nick》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ハースストーン』国内初の大規模オープン大会が開催決定!賞金総額100万円

    『ハースストーン』国内初の大規模オープン大会が開催決定!賞金総額100万円

  2. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  3. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

    『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  4. 『アサシン クリード』テレビ番組シリーズが海外で制作進行中

  5. 任天堂、2017年3月期決算を4月下旬発表へ―スイッチ販売状況は?

  6. 太陽万歳!『DARK SOULS』“ソラール”がフィギュア化、燦然と輝くLED演出も!

  7. 「LJL 2017 Spring Promotion Series」が3月27日・28日実施決定

  8. ゲリラの人材募集映像に『Horizon Zero Dawn』のアイツが…?

  9. 映画1本じゃ足りない?『FUEL』広大マップを渡り切る所要時間は…

  10. 海外ファンが『マインクラフト』上に『ポケモン赤』を実装!―35万個以上のコマンドブロック使用

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top