ゲーマー用語の“Noob”が100万番目に生まれた英単語の候補に選ばれる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーマー用語の“Noob”が100万番目に生まれた英単語の候補に選ばれる

ニュース 最新ニュース

オンラインゲームなどの世界で初心者を意味する言葉『Newbie』。そのバリエーションの一つである“Noob”という単語が、100万番目に生まれた英単語の候補に選ばれているそうです。

TelegraphやThe Sunなどの英紙報道によると、世界中で使われる英語のトレンドや傾向を調査するグローバル・ランゲージ・モニターという団体が、2009年6月に100万番目の英単語を決定する見通しで、その記念すべき候補の一つに“Noob”が選ばれているとのこと。

グローバル・ランゲージ・モニターは、メディア各社やインターネット上で使われる単語をトラッキングしており、使用回数が2,5000回を上回ると新単語として認められるそうです。“Noob”の他にも、“Defriend”や“Chiconomics”などの単語が候補にあがっている模様。

100万番目に選ばれるかどうかはともかく、Noobという言葉がゲームやネット以外の場所でも普通に使われてしまう日が来るかもしれません。いずれ、NubcakeやPwnedなども選ばれちゃったりするのでしょうか。(ソース: TechRadar UK: 'Noob' could be the millionth English word)

【関連記事】
ゲーマーの目を保護してくれるサプリメント『FpsBrain Zoom』が新登場
ゲームにむかついた時にあなたがした最悪のこと
ジレットからついにゲーマー向けのひげそりが発売、えっ
冬のコアゲーマーに最適?USB接続で手をホットにするグローブ
若者のうち12人に1人はテレビゲーム依存症−米国で新たな調査結果
「セックスするより新作ゲームで遊びたい。」男性の約7割が回答−海外での調査結果
DSの『脳トレ』で記憶力は向上しない。フランスの大学教授が研究結果を発表
イギリスの研究グループ、テレビゲームのプレイ中に「匂い」を発する技術を開発中
カリフォルニア大学バークレー校、BlizzardのRTS『StarCraft』を教育課程に導入
神々が対決するフラッシュ格闘ゲーム『Faith Fighter』に各地の宗教団体が憤慨
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

    「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

  2. 噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

    噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

  3. 『Destiny 2』は近日発表される―リーク受け海外記者がツイート

    『Destiny 2』は近日発表される―リーク受け海外記者がツイート

  4. WRC公式ラリーゲーム『WRC 6』国内PS4向けに発売決定!日本語版特典も

  5. 『Outlast 2』豪州での発禁が撤回、「18+」で発売へ

  6. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  7. 噂: 『Red Dead Redemption 2』商品情報が海外小売店に掲載

  8. PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

  9. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

  10. 人気農場シム『ファーミングシミュレーター17』国内PS4版発売へ―Modもサポート!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top