“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

小島監督:『Peace Walker』と『Rising』のチームは“良き友”ではない

September 04, 2009(Fri) 01:47 / by Round.D


現在小島プロダクションにより2つのラインで動いているメタルギアソリッドシリーズのMetal Gear Solid: Peace Walkerと、Metal Gear Solid: Rising。ポータブルゲーム機PSPと、次世代ゲーム機PS3、Xbox 360の異なる環境で開発されているタイトルですが、小島秀夫監督はお互いのチーム同士について「良き友」ではないと話しています。

彼らが良き友でないというのは理由があるのです。PSPチームもMGS4よりも良い物とする為に日夜働いているのですが、やはり多くの制約があってそれを実現する事が出来ないのです。その一方で、Risingチームは多くのお金とキャパシティ、ハードウェアスペックを使っています。PSPチームのRisingチームに対する姿を想像出来るなら「彼らは全てのお金と、スペックを持っている」と言う事がわかるでしょう。それが彼らが良き友ではない理由です。

GDCでは次のステップへ上がりたいと発言していた小島監督。現在はエンジンやAI等の開発実験も行い、コアなスタッフが集まるRisingとのチームのレベルの平均化を図ったりと、お互い対抗心を持ったチームが切磋琢磨を繰り広げながら開発が進められているようです。

Metal Gear Solid: Peace WalkerはPSPで2010年、Metal Gear Solid: RisingはPS3、Xbox 360で発売が予定されています。(ソース: Gamepro)


【関連記事】
4人Co-opプレイも可能!『Metal Gear Solid: Peace Walker』約9分の最新トレイラー映像
アーケードゲームで登場? Konamiが『Metal Gear』に関する新たな商標を登録
小島プロダクション、新フランチャイズ含む未発表の新作3タイトルを準備中
海外スタジオとの共同制作にも興味あり。小島監督の海外インタビュー情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


no image