SCE Japanスタジオ副社長: 北米版『ICO』はカバーアートが違えばもっと売れていた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCE Japanスタジオ副社長: 北米版『ICO』はカバーアートが違えばもっと売れていた

家庭用ゲーム PS3



SCE Japanスタジオ副社長の小林康秀氏が、DICE Summit Asiaで日本と海外の違いを意識したゲームのマーケティングについて語ったそうですが、その発言内容が話題になっています。

初代プレイステーションの時代から徐々に規模が縮小しつつある日本のゲーム市場を危惧するという小林氏。同スタジオの新作『人喰いの大鷲トリコ』のタイトル名を、海外では『The Last Guardian』に変更したのを例に挙げ、今後は海外市場やユーザーを意識したマーケティングや開発の重要性が増すと主張。

2001年にPS2で発売したICOは、日本版と北米版のカバーアートが全く異なるデザインなのは有名な話ですが、実際にその2つを比較して、もし北米版のパッケージが異なるデザインだったらもっとゲームが売れていたはずだと指摘(北米では約27万本を販売)。ネット上でも日本版のデザインが好評だと説明しました。

また、同氏は日本と海外における“新しいゲーム”の認識の違いについても言及。欧米ではユーザーがとっつきやすいという理由で類似作品が多く作られており、少しでも異なる部分があれば“新しいゲーム”だと認識されるが、日本では新しいジャンルそのものを生み出すのが“新しいゲーム”にあたるとの考えを述べたそうです。(ソース: GamesIndustry.biz: Last Guardian game 'named for US, Europe')


【関連記事】
全然違ウ!海外版カバーアート 『レッドアリーマー 魔界村外伝』
『人喰いの大鷲トリコ』の上田文人氏「GTA IVには革新性が足りない」
E3 09: 噂のTricoが遂に正式発表!Team ICOの最新作は『The Last Guardian』
ゲームの開発資金はユーザーが投資する時代に?ValveのGabe Newell氏の考えとは
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

    生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  2. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

    「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  3. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

    ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  4. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に「お嬢様の休日コスチューム」&「シーズンパス6」登場!【UPDATE】

  7. 『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

  8. 『レインボーシックス シージ』アップデートスケジュールが発表―PS4「Hibana」不具合修正など【UPDATE】

  9. 「Nintendo Switch」NY体験会の無料配布グッズにプレミア価格、「飲料水」に100ドルも

  10. 『バイオ7』序盤ストーリーダイジェスト公開―DLC「Not A Hero」の2017年春無料配信も決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top