SCE Japanスタジオ副社長: 北米版『ICO』はカバーアートが違えばもっと売れていた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCE Japanスタジオ副社長: 北米版『ICO』はカバーアートが違えばもっと売れていた

家庭用ゲーム PS3



SCE Japanスタジオ副社長の小林康秀氏が、DICE Summit Asiaで日本と海外の違いを意識したゲームのマーケティングについて語ったそうですが、その発言内容が話題になっています。

初代プレイステーションの時代から徐々に規模が縮小しつつある日本のゲーム市場を危惧するという小林氏。同スタジオの新作『人喰いの大鷲トリコ』のタイトル名を、海外では『The Last Guardian』に変更したのを例に挙げ、今後は海外市場やユーザーを意識したマーケティングや開発の重要性が増すと主張。

2001年にPS2で発売したICOは、日本版と北米版のカバーアートが全く異なるデザインなのは有名な話ですが、実際にその2つを比較して、もし北米版のパッケージが異なるデザインだったらもっとゲームが売れていたはずだと指摘(北米では約27万本を販売)。ネット上でも日本版のデザインが好評だと説明しました。

また、同氏は日本と海外における“新しいゲーム”の認識の違いについても言及。欧米ではユーザーがとっつきやすいという理由で類似作品が多く作られており、少しでも異なる部分があれば“新しいゲーム”だと認識されるが、日本では新しいジャンルそのものを生み出すのが“新しいゲーム”にあたるとの考えを述べたそうです。(ソース: GamesIndustry.biz: Last Guardian game 'named for US, Europe')


【関連記事】
全然違ウ!海外版カバーアート 『レッドアリーマー 魔界村外伝』
『人喰いの大鷲トリコ』の上田文人氏「GTA IVには革新性が足りない」
E3 09: 噂のTricoが遂に正式発表!Team ICOの最新作は『The Last Guardian』
ゲームの開発資金はユーザーが投資する時代に?ValveのGabe Newell氏の考えとは
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

    N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

  2. 『マインクラフト』に戦隊ヒーロー「パワーレンジャー」のスキンパックが登場!

    『マインクラフト』に戦隊ヒーロー「パワーレンジャー」のスキンパックが登場!

  3. 『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

    『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

  4. 『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

  6. 『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王』が海外PSNにて配信決定

  7. PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

  8. 家庭用版『マインクラフト』に「グライド ミニゲーム」新登場!―エリトラで滑空レースに挑戦

  9. 『Uncharted: The Lost Legacy』でサリーは主役候補だった―開発裏話

  10. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top