ハードコアゲーマーのためのWebメディア

UMDドライブ搭載のPSP-4000、アナリストは「実現の可能性高い」と指摘

携帯ゲーム PSP

先日海外サイトで噂になったUMDドライブ搭載のPSP-4000は、東京ゲームショウでも日本の開発者の間で2010年に登場すると囁かれていたそうですが、やはり実現の可能性は高いとアナリストが予想しています。

おなじみ業界アナリストとして知られるWedbush SecuritiesのMichael Pachter氏は、デジタル専用コンテンツがUMD版ソフトのセールスを埋め合わせることができるとしながらも、パッケージ製品にまだ余地が残されており、PSPの次期バージョンではおそらくUMDをサポートすることになると指摘。消費電力を抑え、内蔵フラッシュメモリ搭載または16GBのメモリースティックをゲームに付属することでダウンロードコンテンツにも適した仕様になれば、ユーザーもハッピーになれると予想しています。

一方、「ビジネスは必ず消費者の要求を満たさなければならない」というEEDARのJesse Divnich氏も、もしPSP Goがスタンダードモデルの位置を確立することができなければ、ソニーがUMDのサポートを再開する以外に選択肢がなくなると分析。しかし、PSP Go成功の有無に関わらず、業界のほとんどがデジタルコンテンツに置き換わる10年後には、初のデジタル専用ゲーム機としてPSP Goを振り返ることになると語っています。

いよいよ日本でも来週からPSP Goが発売になりますが、その売れ行きやユーザーの声が次期バージョンに影響を与えるかもしれませんね。(ソース: Edge Online: Analysts: New PSP With UMD A Strong Possibility)


【関連記事】
噂: UMDドライブを搭載した新バージョンのPSP-4000が開発中
噂: PSP2はGeForce 8600級のグラフィックチップを搭載。2010年にも登場?
PS4、Xbox 720、PSP2… 最先端過ぎる次世代ゲーム機のコンセプトイメージ
噂: 初代Xboxを超える性能のPSP後継機が開発中。コードネームは“Hydra”
「UMDが入らない!」 Mega64が描くPSP Go新規ユーザーの悲劇…
海外レビュー番外編: 話題の新モデル『PSP Go』の評判は…?
SCEA、UMDのデジタル版交換サービスを見送りに… 「権利や技術的問題」
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

    国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

  2. PS Vita版『ウォーキング・デッド』日本語版がスクエニから発売決定―レーティングはCERO Zで追加DLCも収録

    PS Vita版『ウォーキング・デッド』日本語版がスクエニから発売決定―レーティングはCERO Zで追加DLCも収録

  3. Wi-Fi対応の完全新作 『Gauntlet』 AtariのアーケードクラシックがDSで復活

    Wi-Fi対応の完全新作 『Gauntlet』 AtariのアーケードクラシックがDSで復活

  4. 「パイローグライク」な消防ゲーム『Flame Over』が海外PS Vita向けに配信

  5. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  6. 海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Devil Survivor』(女神異聞録デビルサバイバー)

  7. 海外版『モンスターハンター4G』は日本版のユーザーとはプレイ不可、Wii U版はないと担当者が回答

  8. 海外レビューハイスコア 『The World Ends With You (すばらしきこのせかい)』

  9. 『進撃の巨人 ~人類最後の翼~』巨人を駆逐するためのアクションや成長要素、様々な装備を開発できる施設などのゲーム情報が一挙解禁

アクセスランキングをもっと見る

page top