ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CES 2010: リーダーボード、実績、体験版…『Game Room』の新情報色々

PC Windows



CES 2010のキーノートでMicrosoftが発表した、Xbox LIVEのバーチャルなレトロアーケードスペースGame Room。既にサービス開始時期や利用価格などが発表されていましたが、公式のファクトシートから新たなディテールが次々と明らかに、GameTrailersでもウォークスルー映像が配信されています。

* Atari、Activision、Intellivision、コナミのタイトル参入が決定

* Game Roomの開発を担当したのはあつまれ!ピニャータ 〜レッツ☆パーティー〜などを手掛けたKrome Studios

* Game Room自体は無料でダウンロードできる

* フレンドにゲームで挑戦できる

* フレンドのアーケードルームに行ってゲームを無料で体験できる

* 全てのゲームでオンラインリーダーボードと実績に対応

* ゲームは1080p対応、最大二人同時プレイ

* 筐体をアレンジしたりテーマやアイコンでスペースを飾り付けできる

また、GiantBombではトレイラーから確認できた対応ゲームをリストアップしています。

* Finalizer - Super Transformation
* Super Cobra
* Centipede
* Lunar Lander
* Tempest
* Jungler
* Armor Battle
* Space Hawk
* Sub Hunt
* Gravitar
* Outlaw
* Red Baron
* Shao-Lin's Road
* Asteroids Deluxe
* Space Armada
* Millipede
* Scramble
* Combat
* Astrosmash
* Mountain Madness: Super Pro Skiing
* Crystal Castles
* RealSports Tennis
* Tutankham
* Adventure
* Star Raiders
* Football
* Road Fighter
* Battlantis
* Sea Battle
* Yars' Revenge
* Pitfall (?)
* Scramble (?)


(ソース: GiantBomb)


【関連記事】
CES 2010: MicrosoftがXbox LIVEの新サービス『Game Room』を発表
CES 2010: Microsoft、Project Natalの発売時期を正式に発表
CES 2010: Xbox 360は全世界で3900万台を販売、LIVE会員は2000万人突破
マイクロソフト、アバター用のバーチャルアーケードルームを準備中?
Microsoftが新たなXbox 360ダッシュボードの開発に取り組んでいる?
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

    PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

  2. Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

    Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

  3. PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

    PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

  4. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  5. 柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

  6. タイマン剣術アクション新作『Nidhogg 2』発表!―前作よりもコミカルな雰囲気に

  7. 宇宙にも飛び出す惑星サバイバル『Osiris: New Dawn』がSteam早期アクセス開始!

  8. PC版『マインクラフト』新Snapshot配信、新たな動物やブロック収録

  9. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  10. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top