ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCEA、PSPの新作タイトルで違法ダウンロード対策のDRMを採用

携帯ゲーム PSP

SCEAのマーケティングディレクターであるJohn Koller氏は、今週同社が海外でリリースするPSPのSOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3に、違法ダウンロード対策のDRMを試験的に採用していることを明らかにしました。

IGNの報道によると、SOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3には認証用のコードが付属されており、ゲームをオンラインでプレイするためには、PlayStation Networkにアクセスして認証を行う必要があるとのこと。PSNのダウンロード版の場合は自動で認証が行われるそうですが、UMDのパッケージ版を中古で購入した場合、新たに20ドルで認証コードを購入しなければなりません。

Koller氏いわく、PSP goの登場によって違法ダウンロードの問題は最小限に抑えられているそうですが、依然としてPSPソフトのセールスに悪影響を及ぼしているため、こうした海賊版対策を強化していく構え。今後発売されるオンラインのPSPタイトルやPS3タイトルにもオンライン認証を採用していくのか?という質問には、現在可能性を検討していると答えています。(ソース: IGN: SOCOM Fights Piracy On PSP)


【関連記事】
Ubisoftが違法コピー対策の新DRMを導入、ゲームは常時オンライン環境が必須に
DRMを過去の物に!Valveの開発ツール『Steamworks』の新機能が発表
Amazonのレビューが全削除!?『Spore』の厳しいコピー制限に、発売元のEAが反論
マイクロソフト、違法に改造された360本体をXbox LIVEから一斉に追放
Wiiの違法コピー流出、オーストラリアの男性に130万ドルの賠償命令
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  2. 遂に海外デビュー『零・超兄貴』のPVを観た海外ユーザーの反応は…

    遂に海外デビュー『零・超兄貴』のPVを観た海外ユーザーの反応は…

  3. PS Vita/PSP『討鬼伝』のアクション・システム・キャラクターなど最新情報が公開

    PS Vita/PSP『討鬼伝』のアクション・システム・キャラクターなど最新情報が公開

  4. テラリア公式、アップデートで「勝手に武器を振るう現象」はバグではないと公表 ― 意外なその原因とは

  5. 【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作

  6. 「ニンテンドーDSかゲームボーイを一日に2時間遊ぶ」で弱視が250%改善―英国

  7. 『GRAVITY DAZE』制作チーム、次回作の制作を発表―ディレクター外山氏のメッセージ、デザイナー描き下ろし壁紙配布がスタート

  8. 海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)

  9. 80年代のロボットアニメ『星銃士ビスマルク』海外版がゲーム化

  10. 【攻略】『エアシップQ』の基本的なプレイと序盤に便利なアイテムを初心者に解説!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top