上田文人氏、『ICO』のPS3移植や映画版『ワンダと巨像』についてコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

上田文人氏、『ICO』のPS3移植や映画版『ワンダと巨像』についてコメント

家庭用ゲーム PS3

※UPDATE (2010/4/3 20:30): ソースであるKotakuの記事は昨年9月28日に投稿されていたものでした。最新ではない情報をお伝えしてしまったことをお詫び致します。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

* * * * * * *


現在はPS3用の新作『人喰いの大鷲トリコ』を開発するTeam ICOの上田文人氏ですが、旧作のHD移植やハリウッド映画化に関して気になる発言をしています。

Kotakuの報告によると、上田氏はまず、過去にも一度触れていたICOやワンダと巨像のPS3移植について「興味がある、それについて来週打ち合わせをする予定」とコメント。しかし、いずれの作品もPS2の限界を広げて複雑に開発されているため、簡単には実現できないとする趣旨の回答をしたそうです。

また上田氏は、昨年4月に明らかになったワンダと巨像のハリウッド映画版にも言及。映画の内容を語るのは避けたものの、「自分が全く関わらないということはない」と、何らかの形で関与する可能性を示唆しています。(ソース: Kotaku via Destructoid)


【関連記事】
Team ICO、『ICO』や『ワンダと巨像』がPS3に移植される可能性について語る
『ワンダと巨像』ハリウッド映画化にゲームファンから非難の嵐。脚本家が弁明
『ワンダと巨像』がハリウッドで映画化決定。壮大なファンタジー作品に…?
SCE Japanスタジオ副社長: 北米版『ICO』はカバーアートが違えばもっと売れていた
『人喰いの大鷲トリコ』の上田文人氏「GTA IVには革新性が足りない」
E3 09: 噂のTricoが遂に正式発表!Team ICOの最新作は『The Last Guardian』
《Rio Tani》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  3. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  6. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  7. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  8. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  9. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  10. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top