“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Bungieのマルチプラットフォーム新作はE3で公開の可能性も

April 30, 2010(Fri) 02:46 / by Rio Tani

今日発表されたBungieとActivisionの独占販売契約に大きな関心を集まっていますが、さっそく海外メディアのインタビューを受けたBungieの幹部が興味深い発言をしています。

一部で不安視されるInfiniry Wardのトラブルについてコメントを求められたBungieのBrian Jarrard氏は、Activisionとの契約が9ヶ月間に渡る入念な話し合いの下に進められたものだと説明。Infiniry Wardに関しては、ネット上だけの情報しか知らないためコメントはできないとのこと。

また同氏は、マルチプラットフォームの大作アクションになるという次回作を6月のE3で展示するかを問われ、「するかもしれない」と回答。しかし年内はHalo: Reachの開発やサポートに全力を注ぐ姿勢を強調しました。(ソース: VG247: Interview: Bungie on signing with Activision for a decade )


【関連記事】
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
Infinity Ward集団離脱: さらに3名が退社、2名がRespawn
EA、Infinity Ward元幹部が指揮する新スタジオの設立を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image