80年代のロボットアニメ『星銃士ビスマルク』海外版がゲーム化 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

80年代のロボットアニメ『星銃士ビスマルク』海外版がゲーム化

携帯ゲーム DS


スタジオぴえろ制作、1984〜1985年にテレビ放送されたロボットアニメ『星銃士ビスマルク』。海外では設定を変更しSaber Rider and the Star Sheriffsとして人気を博しましたが、それがなんと今になってゲーム化されることになりました。発表したのはドイツのFirehazard Studioと、英語版の権利を持つWorld Events Productions。

プレスリリースでは、プラットフォームを“ニンテンドー3DSとiPhoneを含むゲームデバイス”とし、2011年Q3の発売を予定していると発表、原作の主要キャラクター総出演、新たなアートスタイルとサウンドでつくりあげるとのこと。開発はドイツのDenaris Entertainmentです。すでにティザーサイトもオープンしています。



子どものときからSaber Rider〜の熱狂的なファンであるFirehazard Studioの社長の夢を形にした、Saber Rider and the Star Sheriffs - The Videogame(仮)。具体的にどういったゲームになるか分かりませんが、日本のファンにとっても気になるタイトルとなる、かもしれません。(ソース:10do.de)


【関連記事】




《Kako》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

  2. 女の子に刺青を彫り、抗争で23区を制覇せよ!尖ったSLG『刺青の国』プレイレポ

    女の子に刺青を彫り、抗争で23区を制覇せよ!尖ったSLG『刺青の国』プレイレポ

  3. イギリスのレーティング審査機関、『GTA: Chinatown Wars』の対象年齢は18歳以上と判定

    イギリスのレーティング審査機関、『GTA: Chinatown Wars』の対象年齢は18歳以上と判定

  4. 任天堂、3DS後継機を検討中

  5. 日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

  6. 『ムジュラの仮面 3D』の謎動画を米任天堂が公開…「何か忘れていませんか?」

  7. 【攻略】『エアシップQ』の基本的なプレイと序盤に便利なアイテムを初心者に解説!

  8. 【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

  9. 全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

  10. スペースシップローグライク『FTL』のPS Vita版は現時点で予定なし、開発者がTwitter上にて報告

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top