Game*Sparkリサーチ『ゲームをやめようと思った事はありますか?』結果発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Game*Sparkリサーチ『ゲームをやめようと思った事はありますか?』結果発表

PC Windows


毎週恒例の読者参加アンケートコーナー『Game*Sparkリサーチ』。今回は「ゲームをやめようと思った事はありますか?」というお題で皆様から集まった回答および投票結果をご報告。


投票結果はご覧の通り。若干「ない」と答えた方が多いですが、ほぼ半々という結果になりました。

「ある」と答えた方の理由は次のようなものが挙げられています。
■他にやりたい事ができた

■時間がなくて積みゲーが増えた

■受験

■金銭的問題

■飽きた

■ゲームに費やした時間を他の事に使っていたら…と考えてしまった
最後の理由はゲーマーなら一度は考えたことがあるかもしれませんね。ただ他の事に時間を費やしたとして、ゲームのような充実感や楽しさを得られるかどうかは…わかりません。

その他コメント欄では「やめようと思ったけど辞められなかった」(そもそもやめていたらここを見てないと思いますが…)、「やめようとは思ってないけど、自然とやめていた時期があった」など様々な体験談が語られているので是非ご覧下さい。

* * * * * * * * *

3 さんのコメント...
絵をたくさん描くようになってからゲームに割く時間が少し勿体無くなるときがあって、今現在も真剣にゲームをやめようかと悩んでる最中です。両立出来ない自分がいかんのでしょうがw

5 さんのコメント...
時間がなくて積んでるゲームが増えてきたとき。本当に辞めようと考えた事がありますよ。

。さんのコメント...
気がついたらゲームをまったくやらなくなってた時期が2,3年くらいあったけど、自分からやめようと思ったことは今のところなし

投稿しようかなやんだけどさんのコメント...
今まさにゲームを辞めようかと思ってるところやめてないのは他に趣味が見つからないから辞めようと思う理由は仕事が忙しくなってきたからゲームしてても仕事が頭をよぎるだからゲームを集中して遊べるのは三連休とか盆暮れGWぐらい短時間ゲームで自分の趣味にあうゲームってないですから据え置き家庭用機は今度のfalloutで最後にしようかと思ってる携帯はどうなるかわからない

lose7さんのコメント...
ゲームに費やした時間を、もし勉強に使っていたらもしスポーツに使っていたらと考えたとき、辞めようと思いました。辞めれなかったので今ここにいます。

サーチさんのコメント...
ギアーズで対戦やってる時、かなり熱い対戦で負けた時にTVにコントローラー投げてTV破壊した時。うわぁ、ついにやっちゃったーと思い反省してゲームやめようか迷った。新しいTV買った時に、画面が大きくなったから少しやってみようと思い起動してから今までずっとやてる

20 さんのコメント...
この未開封ソフトの積みっぷりから察して下さいよそこは

21 さんのコメント...
忙しくて出来ない時期があってもゲームそのものをやめようと思ったことはない。でもこの前格ゲーデビューして、今はコンボ出来ず勝てなくて心が折れそうになってる。でも友達とやったり、対戦で単純なコンボが決まると楽しいから今も続けてる。一緒にプレイする相手がいる、というのはとても大事だと思う。

ワタルさんのコメント...
あれは小学生の頃、私は度々ファミコンのやり過ぎを親に指摘されており、その度にファミコンを取り上げられ隠されていた。ある日の休日、家族が外出中に親の隠したファミコンをこっそり取り出してプレイに勤しむ私。だが兄の急な帰宅に反応出来ずに現場を目撃されてしまう。烈火の如く怒りに支配された兄に馬乗りにされ、顔面を激しく殴打。鼻血ブゥしてしまった・・・。『ゲームなんてやめてやる!!』と思った瞬間であった。

モルゾフさんのコメント...
1)発売を待ち望んだゲームをやり込む時期2)ゲーム以外のことにハマる時期3)何かゲームをしたいけど具体的にソフトは決めてない時期大体1〜3の繰り返しで離れたり戻ってきたりしてます。やめようと思ってやめたのはPCゲーム全般。延々とやってしまうから。PCの性能が追いつかなくなったのをきっかけにやめました。

4000さんのコメント...
アンチャーテッド2をクリアしたあと満足して辞めてもいいな…と思いました。でも結局…PIXEL JUNK MONSTERSに夢中…。名作不在なイメージあるけど、探せばあるもんですよね。

35 さんのコメント...
オンライン関連はほんとに不毛だと悟った。何にも残らない。開発者や管理者がちょっと手を加えるだけでユーザーの立ち位置が変わったりする。ユーザーから見れば神に近い。だから開発者を目指すことにしたよ

ウラムコRナスさんのコメント...
あくまでも、ゲームはゲームと割り切って楽しんでるので仕事が忙しくてゲーム出来ない時はあるけど、辞めようと思った事はないなぁ。あと、ゲームやってるときは基本ドMなので難易度高くても結構楽しめたりするのもありますね。

あああさんのコメント...
ないこれからもゲームの進化を見届けたいから死ぬまでやりたい。

45 さんのコメント...
特定のジャンルが嫌いになって手を出さなくなったり
故障や環境等の問題からそのハードでのプレイを断念したりはあっても
ゲームそのものをやめようと思ったことはないです、常に何か探してるというか
強いて言えば興味を引くタイトルの情報が途絶えたら考えるかも

ゲームん?さんのコメント...
ゲームやるより見るほうが好きです。ウォークスルー映像とかで、あたかも自分がプレイしたかのような満足感を感じれます。だから、ゲームは全くやらないです。観ていて楽しい映画って感覚です。

ああああさんのコメント...
中学生になったらやめる!高校生になったらやめる!と口だけ言って本心はやめる気ゼロです。

スーパーなかんじさんのコメント...
ない。でも近頃、吉田戦車の「はまり道」でゲームに対してマリオ先生が言っていた、「いややりたいんだ でもなんだか最近やるのがおっくうなんだ」といった心境になることはある。

52 さんのコメント...
一人暮らしで金銭的に切羽詰って、やめようと思った事はあります。でもそんなの無理でしたw

ねぅさんのコメント...
自然とゲームを離れていても面白いタイトルがあれば始めるかも知れないし。日本人独特の「卒業症候群」的なのもあると思うけどね。遊びなんだから別にやりたければやればいいんだけど、生真面目すぎるから完璧になれないなら諦める思考みたいな。夢中体質の人が多くて、後で自己嫌悪を起す人も多いのかな?ゲームに費やしている時間を仕事とか勉強に費やしてもそれはそれでつまらない気はするんだよね。少なからず遊ぶために生活目的を持ってもイイジャナイ。

シェルブリットさんのコメント...
あるクラスのほとんどの人がゲームをやってなくて自分も辞めようと思った。でもクラス替えしたら前のクラスが嘘だったように周りがほとんどゲーマーだったから辞めなかった。

zenさんのコメント...
今まではひとりで家にいて暇なときはずっとゲームしてて、ある日大学生はこんなんじゃいかん!と思い、ゲーム断ちをしたが、結局ただ特に何もしない時間が増えただけだった・・・しかも何もしてないから気持ちが満たされなくて勉強もはかどらないし。かえってゲームやっていた方が勉強にメリハリが付いていたことに気づいてゲーム復帰しました。

60 さんのコメント...
リア充って言葉がよく使われたり、一時流行った勝ち組・負け組もそうだけど、現実的な価値観に即した人生を送れば、必ず幸せが待っているという幻想はそろそろ捨てた方がいいんじゃないかな。むしろこうした同調圧力に屈しないタフな精神力を兼ね備えていればこそ、ゲーオタでも本当に充実した人生が遅れるんではないかと思う。社会的成功者の全てが、既存の価値観に基づいて生きてきた訳じゃないどころか、むしろ反社会的であったりアウトサイダーであったりと変人の烙印を押された落伍者であった場合も珍しくはないんだから。かのビルゲイツやスティーブジョブズが若い頃、精神世界に傾倒していたヒッピーだったのは有名な話だし。

61 さんのコメント...
やめていた時期というのはないですが、「そろそろゲームも飽きてきたなー」と思ってた頃に幾つかの海外ゲームに出会って、「ゲームってこんなに面白かったっけ」と、急に情熱を取り戻した経験ならあります。今は海外ゲームの合間に時々日本のゲームを挟む感じで、両方新鮮な気分で楽しんでいますよ。

水陸両用さんのコメント...
ある。小学5年ぐらいの時かな思い立った訳ではなく自然と電源を入れなくなった。でもふと家にあった攻略本の攻略ではなく開発者インタビューを見てゲームに対する見方が変わった。あ、作っている人が存在するんだって。それからは、やめようって思ったことは無いなぁ。ゲームに沢山の時間を費やしたのは事実だけど、現在の職業もゲームが好きで就いているし後悔は無いな。

白金さんのコメント...
映画・ゲームは、俺の一生の趣味。ゲームとリアルの両立ねぇ・・・。勉強にしても仕事にしても、キチンとやらんとね。ゲームを中心に考えてたらいかんよ。あくまでも、趣味は余暇を充実させる為にあるモノなんだから。やる事やって、スッキリした状態でやった方がゲームは楽しい。

こんそめさんのコメント...
ゲーム大好きで長時間やったりもするけど、ふとした瞬間に「この時間を別のことに使えば……」と我に返り「やめよう」と思うことはある結局数日後にはまたやってしまうんですがね!

キリンさんのコメント...
学生のころ、お金がなくて、ゲームが買えないからこのままやめようかなーって思ったことならあった。今は社会人になってお金は入ってくるんだけど、時間がなくて積みゲー状態。で、最近は運動する方が楽しいせいか、ゲームから離れてきてる。でも好きなのには変わりないから、ニュースは欠かさず見てる。

foxさんのコメント...
全く無い。受験の頃はやってなかったが受験終わったら復帰しようと思ってたし、実際そうしたな。ゲームやってた時間を他の事に当ててたら、なんてのも考えた事無いなー。大体好きな事やるのに理由なんて要らないでしょ。多分一生ゲームは続けると思う。他のやるべき事そっちのけでゲームしてる訳じゃないし別にいいでしょ、と思うよ。

日本産で遊ぶゲームってデッドラぐと革新ぐらい?(エロゲ除く)さんのコメント...
辞めることができたらいいなーと思ってるけどまぁ辞めることはないと思うwゲームって一番身近なテクノロジーの進化を体験させてくれるものだと思うからね遊ばなくてもニュースや動画みてるだけでも楽しいでも日本産ソフト(JRPG)は飽きたから・・・日本産ゲームに関しては辞めたことになるのかな?

HAL-1978さんのコメント...
あります。あれは俺の心が潰れて死という逃避に憧れを抱いていた頃。それでもやっぱり死ぬのは怖くて、でもそれ以上に生きて享受できる悦びが惜しくて、俺の場合その大部分はゲームでした。その頃すでに身の丈を超えた量のゲーム(やらないものや趣味でないものまで、買うこと自体が楽しみの一つで、いつやるかわからないけどやりたいと思ったらいつでもやれる状態を維持し続けていました)を抱え込んでいたのだけれど、ゲームに関わる仕事がしたくて、それは流通という場所で一応は叶ったのだけれど、掴むことができなくて、心が折れたまま辞めてしまって、死ねずにただ生きていただけの頃、やっぱり俺の心の支えで癒しはゲームで、こんな楽しい幸せのかけらがあるから俺は死ねないんだと思って、でも棄てるのは忍びなくて、ほぼ全てを売り払ってしまったことがあるんです。世の中に絶望してしまえば、死を選ぶ踏ん切りがつくかなと思いながら。そこで全てではなくほぼ全て、一部を残してしまったのが、いいのかよかったのか。私は今も自らを責めながら生きています。あの時失ったものを取り戻すことは、それまでに掛けた期間と金額の何倍を費やしてももはや私には無理でしょう。そこまで掛ける情熱の炎も、あの頃ほど激しく燃え上がってはいません。プレイヤーとしてもコレクターとしても、あるいはまかり間違ってまたゲームの何かに携わることになったとしても、もはや最前線には立てないでしょう。それでもこのゲーム愛の熱は、死ぬまで燻り続けるでしょうね。

ASMさんのコメント...
ゲームを止めようと思った時。ゼルダをやりすぎで、あの木にフックショットを打ちたいと思った時。塊魂やりすぎで、通学路の花壇と自動販売機が転がる妄想に取りつかれた時。AIRやりすぎで、朝起きて「夏なのに寒くね?」と12月の最中、心の中で思ってしまった時。グランセフトオートやりすぎで、思わず反対車線を走ろうとした時。この前は街中のありとあらゆる家の壁をアルタイルさんが疾走する妄想に取りつかれた。現実を侵食することないように節度を保たないと・・・。

タマネギさんのコメント...
一度もないですね!!単純に好き!!人生の潤いです。僕は人から多趣味だと言われますが、正直途中でやめちゃった趣味は数知れず。でもゲームはまったくやめる気配ないですねぇ。やっぱり総合エンターテイメントだからでしょうか。

aさんのコメント...
ない。僕の一番の趣味で多分死ぬまでゲームをするだろう。
詰まらない人間だと思うよ。でもゲームしてるときが一番楽しい。
他のどんな娯楽より必要だ。
もしそのことを馬鹿にするなら「映画もドラマも舞台も小説も漫画も人に大切な現実逃避だ」と胸を張って言える。

絶対に止めない。

一度3年ほどオシャレに夢中になろうとしてやめたことがあったがファッション雑誌にデザインの優れたゲーム、KILLER 7や龍が如くなどの広告が載っているのは酷な事だ。
そりゃ4才からゲームをしてるんだ。今更やめられる筈もない。
とても嬉しいことだよ。ゲームがある以上、僕の人生は色彩を失わないで済むのだから。

SBFさんのコメント...
あります。何度も。同じ場所で何度もゲームオーバーになった時、対戦でボコボコにされた時、「もうやらなくていいよな・・・」と。でも次の日にはまた始めてる。そしてまた同じようにつまずいてはやり直すの繰り返し。このループから解放され、自由を得る日は来るのだろうか。

げさんのコメント...
止めようと意識した事は無い…ですがゲームに関する事でうんざりすることもたまにあって、もしその"うんざり"のストレスがゲームする楽しさを上回ったら考えてしまうかもしれません。

地雷撤去野郎さんのコメント...
ゲームをあえてやめようなどとは思ったことはない。ただ趣味がたくさんあるから何か楽しいことや熱中するものが身近にあるうちは全然ゲームをしなくても平気。何もすることが無いからゲームをしてしまうといった具合。最近はしてないなぁ。

またなんとなくさんのコメント...
色々普段の生活の中で問題があったとき何回も考えたけど、ゲームを関連付けてみて、辞めても多分さほど生活は変わらないなと思ったからやっぱり辞めませんでした。むしろ悪化する恐れが浮かんだくらいwあんまりはまり過ぎると絶対ダメだとは感じますが、昔から色んな人とやってきてそれなりの思い出もあるから、今後もそういった独特の人との繋がりを期待してゲームと関わり続けたいとも思います。

124 さんのコメント...
PS2最盛期のクリエイターの勘違いムービーゲーが猖獗を極めていたときだいたい2002〜2006くらいまでやって面白いと思ったのをあげろと言われたら、アヌビスとゴッドオブウォー、大神くらいしかない。手軽にできるアドバンスとかはよくプレイしていたが、大神をやらなかったらコンシューマーゲームは本当にやめていたかもしれない。

※すべてのコメントを見る。


【関連記事】
Game*Sparkリサーチ『ゲームの名曲』結果発表
Game*Sparkリサーチ『理想のゲームヒロイン』結果発表
Game*Sparkリサーチ『友情破壊ゲーム』結果発表
Game*Sparkリサーチ『短時間で楽しめるゲーム』結果発表
Game*Sparkリサーチ『最も尊敬するゲームクリエイター』結果発表
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. Obsidianが新たなプロジェクト「Project Louisiana」を発表

    Obsidianが新たなプロジェクト「Project Louisiana」を発表

  2. 対戦ストラテジー『Atlas Reactor』が完全F2P化!―シーズン2が開幕

    対戦ストラテジー『Atlas Reactor』が完全F2P化!―シーズン2が開幕

  3. 『Halo Wars 2』マスターアップ! マルチプレイヤーベータも1月20日より実施

    『Halo Wars 2』マスターアップ! マルチプレイヤーベータも1月20日より実施

  4. クトゥルフゲー『Call Of Cthulhu』海外トレイラー遂に初公開―死の真相を暴け

  5. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  6. 天使が敵に憑依するレトロPCゲーム『Messiah』がSteam配信!―オリジナル版発売から約17年

  7. PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

  8. 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった

  9. SteamがPS4コントローラー正式サポート開始!ジャイロやタッチパッドにも対応

  10. 恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』のホリデーイベントが開催!―新要素含むPC版最新パッチも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top