ZeniMax Mediaが三上真司氏の開発スタジオTangoを買収 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ZeniMax Mediaが三上真司氏の開発スタジオTangoを買収

ニュース 最新ニュース



本日、Bethesda Softworksの親会社であるZeniMax Mediaは、バイオハザードやVANQUISHのクリエイターとして知られる三上真司氏の開発スタジオTangoを買収したと発表しました。

国内を拠点にするTangoは、今年3月に設立されたマルチプラットフォームタイトルの開発を主軸とした新スタジオで、バイオハザード、デビルメイクライ、ファイナルファンタジーシリーズ等の制作に関わったスタッフが集結。今回の買収によりTango Gameworksと改名し、ZeniMax Mediaの傘下でさらに開発体制を強化していく考え。

The Elder ScrollsシリーズやFallout 3を手掛けた大手RPGメーカーとして知られるBethesda Softworksと、その親会社ZeniMax Mediaは、昨年6月にid Softwareを買収、今年に入ってからもArkane Studiosを買収するなど次々と一流スタジオを吸収し、海外での勢力を急速に拡大している存在。

プレスリリースでは代表者から以下のようなコメントが発表されています。

“開発スタジオを信頼し、ヒット作を生み出す為に必要な様々なサポートを惜しまないと言うスタンスのパブリッシャーとの出会いを新鮮に感じる。ゼニマックスの非常にクォリティの高いシリーズ作品が全てを物語ると思う。ゼニマックスの一員となり、一緒にベストなゲームをつくっていける事を誇りに思う。”−Tango 三上真司氏

“三上氏が携わった過去の作品の多くは世界中のユーザーや批評家から絶賛され、氏は世界的にもトップ・クリエーターとして評価されている。我々は革新的でゲームと言う分野をリードする彼のビジョンを共有し、今後は三上氏並びにTango Gameworksのスタッフとの協力関係に期待を寄せる。”−ZeniMax Media CEO Robert Altman氏

今後、Tango Gameworksが開発するゲームは国内でゼニマックス・アジアがパブリッシャーを受け持つことが予想されます。海外メーカーと一つになった三上氏率いる日本のクリエイターからどのような作品が生まれるのか、今後の新作発表に世界中から大きな期待が集まりそうです。(ソース: ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジア, イメージ: Bethesda Blog)


【関連記事】
Bethesdaの親会社ZeniMax Mediaが『Doom』や『Quake』のid Softwareを買収
EAからBethesdaへ―Zenimax、id Softwareの『Rage』販売権獲得を発表
ZeniMax Mediaが『Dark Messiah of Might and Magic』のArkane Studiosを買収
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: HD版『シェンムーHD』は1と2のセットで2017年にリリースか

    噂: HD版『シェンムーHD』は1と2のセットで2017年にリリースか

  2. 『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Shadow of War』海外発表!発売は8月

    『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Shadow of War』海外発表!発売は8月

  3. 『マインクラフト』の累計販売本数が1億2,000万本を突破!―毎月5,500万人がプレイ

    『マインクラフト』の累計販売本数が1億2,000万本を突破!―毎月5,500万人がプレイ

  4. 噂: 『バトルフィールド 1』にゾンビモードが登場か―DLC新マップで謎の呻き声

  5. 元EA Sports代表、プロサッカークラブ「リヴァプールFC」CEOに就任

  6. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  7. 『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

  8. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』特設サイトでゲーム内報酬をGET!

  9. 売れ行き好調な都市開発シム『Cities: Skylines』開発者が目指したものとは

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top