ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“Project Cafe”の更なる情報がリーク、宮本氏も噂にコメント

家庭用ゲーム Wii



海外ゲームサイトの間で噂が加速する任天堂の新ハードWii 2またの名を“Project Cafe”ですが、今度はIGNにて、プロジェクトの事情を知る人物から得たという新たなディテールが伝えられています。また、昨日ご紹介したモックアップイメージとほぼ同じデザインの新たな本体写真も出現。

■小売価格は製造コストに左右されるが350ドルから400ドルの範囲になる。

■台湾の製造会社Foxconnから出荷予定。

■早くて2011年10月中旬か11月初旬に発売される可能性。

■しかしながら任天堂は、相当量の本体を用意し、対応ソフトの開発により多くの時間を割り当てる目的で、ローンチを2012年初頭に調整するかもしれない。

■また小売価格も(350〜400ドルより)低く設定される可能性がある。

■台湾で製造されているため日本で起こった地震や津波の影響を受けない。

■改良バージョンのAMDのR700 GPUアーキテクチャを搭載。

■1080pの解像度をサポート、3D立体視対応のポテンシャル。

■全体の本体サイズは初期型のXbox 360に近い。デザインは現代風のSNES。

■“Stream”という本体名称が検討されてるが他にも候補がたくさんある。

任天堂はこれらの情報に関して、噂や憶測にはコメントしない姿勢を維持。また、海外サイトのインタビューでProject Cafeについて質問された宮本茂氏は、「新ハードの開発は常に行っている」「火のないところに煙は立たない」「情報は公にしていないため見たもの全てを信じるべきではない」といったコメントを残しています。(ソース: IGN: Project Cafe: The Tech Behind Nintendo's Next Console, イメージ: Gamertag Radio)


【関連記事】
噂: “Project Cafe”の新たなモックアップイメージが投稿
噂:『メトロイドプライム』デベロッパーが“Project Cafe”向け新作を開発中
噂: 『GTA V』がWii後継機も含むマルチプラットフォームで開発中
“Project Cafe”の専用コントローラーに関する追加ディテール
噂の任天堂新ハード“Project Cafe”の予想モックアップイメージが掲載
噂:コードネームは“Project Cafe”―任天堂の新型機、具体的な仕様も
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Rainbow Six Siege』新マップ「Favela」お披露目トレイラー!―スラムの街並広がる

    『Rainbow Six Siege』新マップ「Favela」お披露目トレイラー!―スラムの街並広がる

  2. オープンワールドに進化した『討鬼伝2』プレイレポ─“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

    オープンワールドに進化した『討鬼伝2』プレイレポ─“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

  3. コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

    コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  6. 『FF15』ハンズオン展示!スクウェア・エニックス、gamescom 2016出展ラインナップ発表

  7. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  8. PS4版『No Man's Sky』オンライン要素にPS Plusは不要―海外報道

  9. 『Fallout 4』Vault建築運営DLC『Vault-Tec Workshop』のディテール公開―追加クエストも!

  10. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top