ハードコアゲーマーのためのWebメディア

グラフィック性能は現行機の6倍?Xbox後継機に関する新たな噂

家庭用ゲーム Xbox360

昨年から具体的なスペックまで噂されるようになり、Microsoftや関連デベロッパーの動きに注目が集まるXbox 360の後継機。先週、海外のTech系ブログにその搭載チップなどに関する新たな噂情報が掲載、さらに大手ゲームサイトIGNでも、プロジェクトに近い人物から入手した別の説が伝えられているので、それらの情報を以下にまとめました。

■Xbox後継機のシステムオンチップ(SoC)は2011年12月下旬から製造が始まった。

■チップのコードネームは“Oban”。

■IBMとGlobal FoundriesがMicrosoftのために製造。

■ATIのSouthern Islands GPUまたはAMDの7000シリーズ改良版にPowerPC系のCPUを合わせたものになる。

■32nmの“Oban”チップの初回テストは開発者向け本体になるため2012年ホリデーシーズンのローンチを期待するのは非現実的。

■しかし年末前に本体発表の可能性はあるかもしれない。

■2013年の販売を目標に2012年末頃からチップの量産が始まる。

■IGNソースの別の説ではRadeon HD 6670と同種のGPUを搭載すると言われる。

■同エンジンはDirectX11、マルチディスプレイ出力、3D立体視、1080p HD出力をサポート、現在の市場価格は79.99ドル以上。

■その場合、Xbox後継機の純粋なグラフィックプロセッシングパワーはXbox 360の6倍、任天堂の新型機Wii Uより20%高いパフォーマンスを発揮することになる。

■最終的な新システムの開発キットは今年8月にデベロッパーに提供される模様。

■Xbox後継機の小売への出荷時期は2013年10月下旬から11月上旬の範囲。

■本体の推定価格は不明。

(ソース: IGN: Xbox 720 Will Be Six Times as Powerful as Current Gen, Fudzilla)

※UPDATE: 文中の誤記を一部修正しました。


【関連記事】
2011*年末企画『2011年 次世代機の噂・リーク情報ひとまとめ』
噂: Xboxのデザインリーダーが交代、次世代機は2013年に登場
次世代Xboxが2012年末に発売、ソニーもPS4開発にシフト−海外報道
次世代Xboxの噂再び、今度は具体的な本体スペックまで
小型化、低コスト Win9コア…Xbox後継機“Loop”の新たなリーク情報
噂: 『Xbox Loop』『3G Kinect』『Win9』などMS発表計画がリーク
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  2. 『Dead Rising Triple Pack』Xboxゲームストアに製品ページ登場

    『Dead Rising Triple Pack』Xboxゲームストアに製品ページ登場

  3. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  4. レトロスタイルの2Dソニック新作『Sonic Mania』が海外発表!―シリーズの原点に回帰

  5. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  6. 噂の「ソンブラ」に言及!『オーバーウォッチ』新コミック公開―国内PS4版「アナ」追加アップデートも実施

  7. 『仁王』新登場人物「立花宗茂」「立花ぎん千代」公開、新たなステージのスクリーンショットも

  8. PS4『ラチェット&クランク THE GAME』日本語ゲームプレイ「惑星ノバリス」篇!

  9. 『ストリートファイターV』新キャラ「ジュリ」は国内で7月27日配信!最新映像も

  10. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top