Electornic ArtsとAcitivision、元IW幹部らの裁判開始目前にして和解が成立 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Electornic ArtsとAcitivision、元IW幹部らの裁判開始目前にして和解が成立

ニュース 最新ニュース

昨日、Activisionが4,200万ドルを支払ったものの、予定通り継続される予定であることが明らかにされ、泥沼化するかに見えたInfinity Ward幹部2人によるActivision訴訟。本日ActivisionとElectronic Artsがこの訴訟にて和解合意に達したことが明らかにされました。

この情報はロサンゼルス上位裁判所における公聴会のあとに、Activisionの弁護人Beth Wilkinson氏が明らかにしたもの。和解条件などは不明。合意は成立したものの、裁判は既に開始目前に迫っており、スケジュール通り5月29日より行われる予定だそうです。

2010年春、『Modern Warfare 2』の開発を終えたActivisionのInfinity Wardより数十名のスタッフが離脱し、さらに解雇された元幹部のJason West氏とVince Zampella氏が、EAのもと新スタジオRespawn Entertainmentを設立したInfinity Ward事件。元幹部2人が『Modern Warfare 2』ロイヤリティの未払いや不当な調査があったとActivisionを訴訟、またActivision側も、計画的な引き抜き行為によって損害が発生したとして、EAと元幹部2人を相手に4億ドル訴訟を起こしていました。

両社や元幹部の言い分などを掛け合わせると、EA側がInfinity Ward幹部2人を引き抜こうとしたところ、Activision側がその動きを察知し幹部らのメール内容など調査を開始、ロイヤリティを支払う前に2人を解雇したことで今回の大騒動がはじまったということになりますが、今回和解が成立したことで、真相は闇の中となっています。
(ソース: Bloomberg)


【関連記事】
Respawnの新プロジェクト発表は今年のE3でもおあずけに
Activision、『CoD』巡りInfinity Ward創業者に4,200万ドルを支払い
Infinity Ward創設者とActivision訴訟合戦の公判日が5月末に延期
EAとActivisionの4億ドル訴訟に進展、訴えが認められ来年5月より審理開始
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

    18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

  2. ゲイブ氏「最適なコンテンツ表示機能の強化が必要」―Steamリリース数の急激な増加について

    ゲイブ氏「最適なコンテンツ表示機能の強化が必要」―Steamリリース数の急激な増加について

  3. Valveが本格的シングルプレイゲームを開発中―『Half-Life 3』中止の噂は「信じる」

    Valveが本格的シングルプレイゲームを開発中―『Half-Life 3』中止の噂は「信じる」

  4. Valveのゲイブ・ニューウェルが米長者番付でトランプ大統領やスピルバーグ超え―純資産41億ドル

  5. Valveの未発表新製品は「Source 2」採用、エンジンは今後も提供継続へ

  6. 映画版『Half-Life』『Portal』は現在も製作中、Valve創設者ゲイブが改めて報告

  7. 任天堂、「ファイアーエムブレム Direct」を実施! スマホ向け最新作やシリーズ新情報も

  8. 海外産ターン制ロボアクション『DUAL GEAR』がクラウドファウンディング開始―カスタム要素も実装

  9. 武骨サバイバル『Conan Exiles』PC版は完全Modサポート!

  10. PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top