“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

スクエニ: 次世代機がLuminous Studioに対応するには膨大なRAMが必要

July 05, 2012(Thu) 10:16 / by Rio Tani



E3 2012では、最新鋭エンジン「Luminous Studio」を使ったファイナルファンタジー関連のリアルタイムCG映像『Agni's Philosophy』を披露し、大きな注目を浴びたスクウェア・エニックスのビジュアルワークス。EDGEマガジン最新号の特集記事で、同チームに所属する野末武志氏が次世代ハードへの挑戦や展望を語っています。

野末氏によると、NVIDIAのGTX 680で描画されているという『Agni's Philosophy』のデモは、そのテクスチャークオリティにより膨大な量のメモリを要するため、いずれ登場することになる次世代コンソールで「Luminous Studio」の技術をサポートするには相当量のRAMを搭載している必要があるとのこと。

『Agni's Philosophy』については、スクウェア・エニックスの特設ページでも詳しく語られているので気になる方はチェックしておきましょう。(ソース&イメージ: The Silent Chief)

【関連記事】
E3 2012: スクエニの新エンジン“Luminous Engine”のリアルタイムデモが公開
大規模な内部開発は回避? スクエニ鳥山氏のGDC台北講演内容
オン専用Wii『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』2012年8月2日発売決定
海外レビューひとまとめ 『ファイナルファンタジーXIII-2』
『FFXIII-2』では初めて海外テストプレイヤーの意見を採用
スクエニ北瀬氏: 『Skyrim』や『Red Dead Redemption』に刺激を受けた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image