“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

GC 12: EA Labels社長「ソニーとMSの次世代機は両方とも見た」

August 16, 2012(Thu) 22:50 / by インサイド

Wii Uの発売日すら未だに正式な発表がないにも関わらず、一部の人々の関心は既にソニーとマイクロソフトの次世代機に向いています。両社とも公に次世代機の開発しているとも発表していませんが、gamescomの基調講演で驚きの発言が飛び出しました。

発言の主はEA Labels社長のFrank Gibeau氏です。同社は、今年だけでも次世代機用ソフトに8,000万ドルの開発費を投入している、次世代機と最もつながりの強い会社の一つです。彼は両社の次世代機が存在するだけでなく、既に2つとも見ていると認めました。

なお、この話は「ゲーム産業の未来について」の講演の余談として語られたということです。ちなみに講演の中で、「10年前には2億人だったゲーム人口が、いまや10億人規模にまで増えている。20億人規模までいくはずだ」と予想しています。

ちなみにGibeau氏は、Electronic Artsの基本プレイ無料ゲームへの参入を再び明言し、「基本プレイ無料という仕組みは2020年までにはメジャーな価格モデルになるだろう」とも語っています。 (ソース: GameSpot: EA's Frank Gibeau: 'I've seen new consoles from Sony and Microsoft')

【関連記事】
噂: Xboxドゥランゴ開発キットがeBayに出品中、リークと同一人物の仕業か
当初E3 2012では次世代機が発表予定だった?PSM3誌の噂コーナーに情報が掲載
スクエニ: 次世代機がLuminous Studioに対応するには膨大なRAMが必要
IGNソースがPS4/Orbisのグラフィックチップ情報をリーク
噂: 全56ページに及ぶ次世代Xboxの内部資料がリーク、新型KinectやARグラス等も記載
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image