ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 発売時期やオンライン要素などWii U版『ゼルダの伝説』最新作のディテールが登場

ニュース 最新ニュース

今年6月には宮本茂氏のインタビューでは開発はまだ調査段階にあることが報告されていたWii U版『ゼルダの伝説』最新作ですが、海外サイトWii U Dailyにて国内から入手した情報として発売時期やオンライン要素を含む多くのディテールが伝えられていますのでまとめてご紹介します。尚、あくまでも任天堂からの正式な発表では無いことにご注意下さい。

開発
 * 発売時期は2014年を予定。当初は2013年秋のリリースが予定されていた。
 * 開発は2010年後半からスタート。
 * 正式なサブタイトルはまだ決定していない。
 * 開発チームは過去シリーズ最大の人数を誇り数百人のスタッフが作業。
 * プロデューサーは前作『スカイウォードソード』に続き青沼英二氏が担当。
 * 過去最高の新エンジンと新技術を採用。
 * シリーズ最大のゲームボリュームとなり、ハードの使用する25GBのBlu-rayベースのストレージが無ければ実現出来なかったとコメント。

ゲームプレイ
 * グラフィックはフルHD。
 * ビジュアルスタイルは『スカイウォードソード』を継承。
 * ダンジョンの量はこれまでと同様だが、幾つかのダンジョンは3つのパートに分かれ攻略に数時間を要するものも存在。
 * ミニゲームやサイドクエストも計画中。
 * 新たなオーケストラのサウンドトラックがフィーチャー。
 * キャラクターの言語やストーリー、シリーズのタイムラインに関しては不明だが『スカイウォードソード』のリンクよりも成長しているように見えた。
 * カットシーンやボス戦については未確認
 * 最初のテストダンジョンでは森全体が1つのダンジョンとなり、その規模は『時のオカリナ』のハイラル平原を超える大きさだった。

ゲームパッド
 * ゲームパッドではナビゲートや、トラップの回避など様々な用途に使用。
 * 今作は初期からゲームパッドを中心に構想されており、各ダンジョン毎に異なる使用方法が用いられる。

オンライン要素
 * オンラインついては2012年夏の現時点でまだ開発は始まっていない。
 * シリーズの伝統に則って直接的なマルチプレイは無し
 * 代わりにMiiverseを使用したオンライン要素が予定されダンジョン内にヒントを残すといった協力が可能に。
 * その他のオンライン要素も計画されている。
(ソース: Wii U Daily via GameSpot)

【関連記事】『ゼルダの伝説〜風のタクト』のタウラ島を再現した『Skyrim』のMOD
噂: 『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D』の商品ページが複数店舗に掲載
『ゼルダ』アイテム“命の器”・“トライフォース”などの手作り石鹸が登場
David Jaffe: 『God of War: Ascension』は超暴力的な『ゼルダの伝説』になる事を望む
『ゼルダの伝説 時のオカリナ』をSFC風にアレンジした超巨大マップ
《FURUKAWA》

ニュース アクセスランキング

  1. スリム版PlayStation 4が東京ゲームショウで発表か―WSJ報道

    スリム版PlayStation 4が東京ゲームショウで発表か―WSJ報道

  2. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

    『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  3. PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

    PS4「Ustream」サポートが終了へ―ゲーム配信/視聴が不可に

  4. ソニー、2017年度ゲーム部門業績見通しを上方修正―PS Plus会員は2,000万人突破

  5. ニッポンイタチョコシステムジャパン合同会社が設立―ラショウ氏とピグミースタジオの共同出資

  6. G2A、デベロッパーにロイヤリティを支払うサポート体制を発表―最大で10%の利益

  7. PS4/PS3/PS Vita向け『ウォーキング・デッド シーズン2』国内向けに発売決定―前作のPS4版もリリース予定

  8. インディー開発者がG2A.comのSteamキー販売を非難―「収益に大きな被害」

  9. 『E3 2016現地レポート』TOP20―小島監督『バイオ7』『BF1』『Days Gone』他

  10. PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

アクセスランキングをもっと見る

page top