“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ネクソン、Valve新作『Dota 2』の国内パブリッシング契約を締結

November 08, 2012(Thu) 19:16 / by Rio Tani

本日ネクソンは、Valveの新作MOBAタイトルである『Dota 2』の、日本と韓国におけるパブリッシング契約を締結したとプレスリリースで発表しました。

『Dota 2』は、Blizzardの2002年の名作RTS『Warcraft III』の人気カスタムマップ『Defense of the Ancients』を原型とし、Valveにスカウトされた原作者IceFrog氏により、Free-to-Playモデルを採用した続編として現在開発が進められているタイトル。

まだベータテスト段階でありながら、賞金100万ドルの世界大会を開催するなど、同ジャンル『League of Legends』や『StarCraft II』などに並ぶ種目として、ValveがeSports進出に本格的に力を入れており、Steamでも常にトップのプレイヤー数を記録。

Valveとネクソンは、「長年信培ってきたパートナーシップをもとに、Dota 2の安定したサービスを行ってまいります」とコメント。

『Dota 2』の正式サービス開始日は未定で、今後の日本での展開を含めた発表に期待です。(ソース: プレスリリース)

【関連記事】
『Dota 2』世界大会で中国チームIGが優勝、賞金100万ドルを手に!
欧米で最もプレイされるPCタイトルは『League of Legends』−調査会社調べ
プレイヤーの素顔に迫るValve新作『Dota 2』ドキュメンタリートレイラー
『Dota 2』のユーザー作成アイテムに韓国MMO『AION』からの盗作が発覚
『Dota 2』がF2Pタイトルとして登場決定!インゲームショップが本日よりオープン
『Dota 2』vs『Blizzard Dota』、BlizzardがDotaの商標を賭けValveを提訴
真のヒーローには何が必要か?『Dota 2』のシネマティックトレイラーが公開
BlizzardとValve、『DOTA』の商標権を巡る訴訟で和解
ValveがWC3の人気Mod『DotA』の制作者をスカウト、新プロジェクトに着手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image