ハードコアゲーマーのためのWebメディア

初代『X-COM』の開発者が『XCOM: Enemy Unknown』を手がけたFiraxis Gamesを賞賛

PC Windows


海外で今年10月に発売され高い評価を受けたリメイク作品『XCOM: Enemy Unknown』ですが、そのオリジナルである『X-COM: UFO DefenseUFO: Enemy Unknown)』のディレクターJulian Gollop氏は「素晴らしい仕事をした」とリメイク版のデベロッパーFiraxis Gamesを賞賛しました。

Gollop氏は『XCOM: Enemy Unknown』が古典的難易度設定に挑戦的である事は言うに及ばず、中毒性の高い夢中にさせるゲームになっていると伝え、Firaxis Gamesの判断は賢明でコンソールに優しいゲームを作り上げたと評価しています。

オリジナルの『X-COM: UFO Defense』

基地が1つしか作れない事など多少の不満点はあるようですが、Gollop氏は「全体的にX-COMのオリジナルのエッセンスを維持していると思う」と語っており、『XCOM: Enemy Unknown』がオリジナルの制作者も納得の出来であった事が伺えます。

クラシック作品のリメイクというのは昔からのファンだけでなく、新たなユーザーの事も考えなければいけない難しい仕事です。それを見事成し遂げた『XCOM: Enemy Unknown』はFiraxis Gamesにとっても大きなアピールとなる事でしょう。

『XCOM: Enemy Unknown』

なおGollop氏は現在、彼が過去に手がけた作品『Chaos: The Battle of the Wizards』(ZX Spectrumにて1985年に発売)のリメイク版を開発中。本作についてGollop氏は「FiraxisがX-COMで体験した困難はChaosでも抱えている。これは成功するかもしれないし失敗するかもしれない。しかし私は成功できるよう努力する」と意気込みを見せています。

『Chaos: The Battle of the Wizards』

(ソース&イメージ: Eurogamer via VG247)

【関連記事】
2K Games、2013年にも『XCOM: Enemy Unknown』のDLC配信を約束
『Borderlands 2』が出荷500万本を突破、『XCOM』は商業的大成功を記録
『XCOM: Enemy Unknown』に2つのシングルプレイヤーDLCパックが配信
海外レビューハイスコア『XCOM: Enemy Unknown』
《RIKUSYO》

特集

PC アクセスランキング

  1. 海底SFホラー『SOMA』が45万セールス突破、年末には新プロジェクトも発表か

    海底SFホラー『SOMA』が45万セールス突破、年末には新プロジェクトも発表か

  2. 『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

    『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

  3. いよいよSteamに降臨する『Quantum Break』怒涛の新トレイラー公開

    いよいよSteamに降臨する『Quantum Break』怒涛の新トレイラー公開

  4. 週末セール情報ひとまとめ『Fallout 4』『SOMA』『DOOM』『地球防衛軍4.1』他

  5. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  6. 『シヴィライゼーション VI』要求スペック情報が海外向けに公開

  7. オープンワールドバイク格闘『Road Rage』最新映像―敵をバイクから蹴落とせ

  8. 日本風ロボットSLG『DUAL GEAR』indiegogoの新たなキャンペーン始動

  9. 基本無料WW2FPS『Heroes & Generals』正式ローンチ!ド派手トレイラーも

  10. 『オーバーウォッチ』公開テスト版にバランス調整含む最新パッチ配信―アナのUltチャージ速度が低下

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top