ハードコアゲーマーのためのWebメディア

初代『X-COM』の開発者が『XCOM: Enemy Unknown』を手がけたFiraxis Gamesを賞賛

PC Windows


海外で今年10月に発売され高い評価を受けたリメイク作品『XCOM: Enemy Unknown』ですが、そのオリジナルである『X-COM: UFO DefenseUFO: Enemy Unknown)』のディレクターJulian Gollop氏は「素晴らしい仕事をした」とリメイク版のデベロッパーFiraxis Gamesを賞賛しました。

Gollop氏は『XCOM: Enemy Unknown』が古典的難易度設定に挑戦的である事は言うに及ばず、中毒性の高い夢中にさせるゲームになっていると伝え、Firaxis Gamesの判断は賢明でコンソールに優しいゲームを作り上げたと評価しています。

オリジナルの『X-COM: UFO Defense』

基地が1つしか作れない事など多少の不満点はあるようですが、Gollop氏は「全体的にX-COMのオリジナルのエッセンスを維持していると思う」と語っており、『XCOM: Enemy Unknown』がオリジナルの制作者も納得の出来であった事が伺えます。

クラシック作品のリメイクというのは昔からのファンだけでなく、新たなユーザーの事も考えなければいけない難しい仕事です。それを見事成し遂げた『XCOM: Enemy Unknown』はFiraxis Gamesにとっても大きなアピールとなる事でしょう。

『XCOM: Enemy Unknown』

なおGollop氏は現在、彼が過去に手がけた作品『Chaos: The Battle of the Wizards』(ZX Spectrumにて1985年に発売)のリメイク版を開発中。本作についてGollop氏は「FiraxisがX-COMで体験した困難はChaosでも抱えている。これは成功するかもしれないし失敗するかもしれない。しかし私は成功できるよう努力する」と意気込みを見せています。

『Chaos: The Battle of the Wizards』

(ソース&イメージ: Eurogamer via VG247)

【関連記事】
2K Games、2013年にも『XCOM: Enemy Unknown』のDLC配信を約束
『Borderlands 2』が出荷500万本を突破、『XCOM』は商業的大成功を記録
『XCOM: Enemy Unknown』に2つのシングルプレイヤーDLCパックが配信
海外レビューハイスコア『XCOM: Enemy Unknown』
《RIKUSYO》

特集

PC アクセスランキング

  1. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

    ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  2. 【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

    【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

  3. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

    『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  4. SteamモバイルアプリがWindows携帯端末でもリリース―モバイル認証が可能に

  5. 『リーグ・オブ・レジェンド』時間帯限定の5v5チームランク戦が実装

  6. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  7. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  8. リマスター版『スカイリム』無料アップグレードにCS版が無い理由は?

  9. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  10. 非対称PvPホラー『Dead by Daylight』プレイレポ―開発者からメッセージも

アクセスランキングをもっと見る

page top