“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

初代『X-COM』の開発者が『XCOM: Enemy Unknown』を手がけたFiraxis Gamesを賞賛

November 29, 2012(Thu) 04:00 / by RIKUSYO


海外で今年10月に発売され高い評価を受けたリメイク作品『XCOM: Enemy Unknown』ですが、そのオリジナルである『X-COM: UFO DefenseUFO: Enemy Unknown)』のディレクターJulian Gollop氏は「素晴らしい仕事をした」とリメイク版のデベロッパーFiraxis Gamesを賞賛しました。

Gollop氏は『XCOM: Enemy Unknown』が古典的難易度設定に挑戦的である事は言うに及ばず、中毒性の高い夢中にさせるゲームになっていると伝え、Firaxis Gamesの判断は賢明でコンソールに優しいゲームを作り上げたと評価しています。

オリジナルの『X-COM: UFO Defense』

基地が1つしか作れない事など多少の不満点はあるようですが、Gollop氏は「全体的にX-COMのオリジナルのエッセンスを維持していると思う」と語っており、『XCOM: Enemy Unknown』がオリジナルの制作者も納得の出来であった事が伺えます。

クラシック作品のリメイクというのは昔からのファンだけでなく、新たなユーザーの事も考えなければいけない難しい仕事です。それを見事成し遂げた『XCOM: Enemy Unknown』はFiraxis Gamesにとっても大きなアピールとなる事でしょう。

『XCOM: Enemy Unknown』

なおGollop氏は現在、彼が過去に手がけた作品『Chaos: The Battle of the Wizards』(ZX Spectrumにて1985年に発売)のリメイク版を開発中。本作についてGollop氏は「FiraxisがX-COMで体験した困難はChaosでも抱えている。これは成功するかもしれないし失敗するかもしれない。しかし私は成功できるよう努力する」と意気込みを見せています。

『Chaos: The Battle of the Wizards』

(ソース&イメージ: Eurogamer via VG247)

【関連記事】
2K Games、2013年にも『XCOM: Enemy Unknown』のDLC配信を約束
『Borderlands 2』が出荷500万本を突破、『XCOM』は商業的大成功を記録
『XCOM: Enemy Unknown』に2つのシングルプレイヤーDLCパックが配信
海外レビューハイスコア『XCOM: Enemy Unknown』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


no image