ハードコアゲーマーのためのWebメディア

初代『X-COM』の開発者が『XCOM: Enemy Unknown』を手がけたFiraxis Gamesを賞賛

PC Windows


海外で今年10月に発売され高い評価を受けたリメイク作品『XCOM: Enemy Unknown』ですが、そのオリジナルである『X-COM: UFO DefenseUFO: Enemy Unknown)』のディレクターJulian Gollop氏は「素晴らしい仕事をした」とリメイク版のデベロッパーFiraxis Gamesを賞賛しました。

Gollop氏は『XCOM: Enemy Unknown』が古典的難易度設定に挑戦的である事は言うに及ばず、中毒性の高い夢中にさせるゲームになっていると伝え、Firaxis Gamesの判断は賢明でコンソールに優しいゲームを作り上げたと評価しています。

オリジナルの『X-COM: UFO Defense』

基地が1つしか作れない事など多少の不満点はあるようですが、Gollop氏は「全体的にX-COMのオリジナルのエッセンスを維持していると思う」と語っており、『XCOM: Enemy Unknown』がオリジナルの制作者も納得の出来であった事が伺えます。

クラシック作品のリメイクというのは昔からのファンだけでなく、新たなユーザーの事も考えなければいけない難しい仕事です。それを見事成し遂げた『XCOM: Enemy Unknown』はFiraxis Gamesにとっても大きなアピールとなる事でしょう。

『XCOM: Enemy Unknown』

なおGollop氏は現在、彼が過去に手がけた作品『Chaos: The Battle of the Wizards』(ZX Spectrumにて1985年に発売)のリメイク版を開発中。本作についてGollop氏は「FiraxisがX-COMで体験した困難はChaosでも抱えている。これは成功するかもしれないし失敗するかもしれない。しかし私は成功できるよう努力する」と意気込みを見せています。

『Chaos: The Battle of the Wizards』

(ソース&イメージ: Eurogamer via VG247)

【関連記事】
2K Games、2013年にも『XCOM: Enemy Unknown』のDLC配信を約束
『Borderlands 2』が出荷500万本を突破、『XCOM』は商業的大成功を記録
『XCOM: Enemy Unknown』に2つのシングルプレイヤーDLCパックが配信
海外レビューハイスコア『XCOM: Enemy Unknown』
《RIKUSYO》

特集

PC アクセスランキング

  1. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

    太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  2. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

    PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

  5. 『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

  6. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  7. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  8. Steam版『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』が国内で解禁!日本語UI/字幕も追加

  9. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  10. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top