“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

次世代機の移行で倒産するパブリッシャーが出てくる―Take-Two CEO

November 30, 2012(Fri) 04:05 / by Round.D

Wii Uやソニー、マイクロソフトによる次世代ハードの登場が期待されていますが、Take - Two InteractiveでCEOを務めるStrauss Zelnick氏は、次世代機への移行により倒産するパブリッシャーが出てくると予見しています。

今週、Credit Suisse Technology ConferenceにてZelnick氏は、次世代コンソールへの移行には財政的な安定が必要であるとして、同社は良質なゲームの開発にフォーカスしている事を伝えました。同氏は移行期は“誰にとっても良く無い”として、歴史的に見てこのビジネスで生じたあらゆる移行において、幾つかのサードパーティが倒産する事態となっている事を説明。

時期が来るとサードパーティーは現行のリリーススケジュールを大きく制限し、次世代機への移行を考え始めるものの、開発基盤が無いこと等から大抵のサードパーティは次世代機のローンチには発売出来ないとして、資本の必要性を伝えました。

同氏は市場で成功する為にパブリッシャーが持つべきである4つの鍵となる要素として、IP、才能、技術、非常に強力な財政基盤を挙げています。(ソース:Take-Two via Polygon)
【関連記事】
『Grand Theft Auto』シリーズは現在までに累計1億2500万本を出荷
Take-Two CEO: 次世代機でのゲーム開発は現行機よりも容易になるだろう
『Borderlands 2』が出荷500万本を突破、『XCOM』は商業的大成功を記録
『Grand Theft Auto V』の対象プラットフォームと発売時期が遂に正式発表!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image