ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニューヨーク近代美術館に『パックマン』、『Portal』等14タイトルが展示

ニュース 最新ニュース

今年7月には、ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art, New York)に、高橋慶太氏手がける『塊魂(Katamari Damacy)』が一時的に展示されたというニュースをお伝えしましたが、新たに来年3月に新設されるカテゴリにて14本のビデオゲームが展示される事が決定しました。国内タイトルとしては、前述した『塊魂』の他、七音社が手がけたリズムアクションゲーム『ビブリボン』も選ばれています。

  • Pac-Man (1980)
  • Tetris(1984)
  • Another World (アウターワールド)(1991)
  • Myst (1993)
  • SimCity 2000 (1994)
  • vib-ribbon (ビブリボン)(1999)
  • The Sims (2000)
  • Katamari Damacy(塊魂) (2004)
  • EVE Online (2003)
  • Dwarf Fortress (2006)
  • Portal (2007)
  • flOw (2006)
  • Passage (2008)
  • Canabalt (2009)

尚、上記のリストはあくまで第一弾タイトルとなり、最終的に40本の作品の展示を目指しているとで、今後数年以内の展示作品として以下のタイトルが候補に挙げられているようです。

  • Spacewar! (1962)
  • オデッセイ (ゲーム機) (1972)
  • Pong (1972)
  • Snake (オリジナル版が1970)
  • Space Invaders(スペースインベーダー) (1978)
  • Asteroids (1979)
  • Zork (1979)
  • Tempest (1981)
  • Donkey Kong(ドンキーコング) (1981)
  • Yars' Revenge (1982),
  • M.U.L.E. (1983)
  • Core War (1984)
  • Marble Madness (1984)
  • Super Mario Bros(スーパーマリオブラザーズ) (1985)
  • The Legend of Zelda(ゼルダの伝説) (1986)
  • NetHack (1987)
  • Street Fighter II(ストリートファイター II)(1991)
  • Chrono Trigger(クロノ・トリガー) (1995)
  • Super Mario 64(スーパーマリオ64) (1996)
  • Grim Fandango (1998)
  • Animal Crossing(どうぶつの森) (2001)
  • Minecraft (2011)
(ソース: MOMA)

【関連記事】高橋慶太氏のPS2名作『塊魂』がニューヨーク近代美術館に展示
『EVE Online』や『DUST 514』のCCP Gamesで100人規模のレイオフ
PSNで近日配信?『ビブリボン』などゲームアーカイブス用一挙25作品の存在が確認
『EVE Online』と連携した新作MMOFPS『Dust 514』のクローズβ登録が開始
《FURUKAWA》

ニュース アクセスランキング

  1. DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

    DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

  2. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

    『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

  3. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

    ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  4. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  5. 『オーバーウォッチ』が首位、ハードは大きな落ち込み―2016年6月の米国セールスデータ

  6. PC版『ライフ イズ ストレンジ』EP1「サナギ」が国内でも無料配信中!

  7. 配信開始の『Pokemon GO』ゲーム情報が続々公開―安全にプレイするための注意事項も

  8. 『グランツーリスモSPORT』「カーパック」2種の国内向け情報解禁

  9. 『H1Z1』が2つのゲームに分割―『H1Z1: King of the Kill』『H1Z1: Just Survive』として再登場

  10. マルウェアが仕込まれた偽『ポケモンGO』見つかる―McAfeeが注意喚起

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top