ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクウェア・エニックスのLAオフィスでレイオフ、『FFXIV』への影響は無し

PC Windows

『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』や『Wakfu』などMMOタイトルの運営を担当するスクウェア・エニックスのロサンゼルスオフィスで、レイオフが実施されたことが、海外サイトの調べと関係者の発言で明らかになりました。

これは、スクウェア・エニックスのPRディレクターを務めるRiley Brennan氏がMassivelyに伝えた情報で、経営をより効率的に進めるために人員の規模を縮小するに至ったとのこと。非常に難しい決断であり、影響を受けたスタッフには今後の成功を祈っているとのコメントが寄せられています。

また、LAオフィスのレイオフが、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のローンチを含むMMOタイトルの運営には一切影響を与えないことも合わせて伝えられています。(ソース: Massively)

【関連記事】
Eurocomが200人規模のレイオフを敢行、従業員数は50人以下へ
Activision Publishingのミネアポリス部門でレイオフ、『Prototype 2』などの販売を担当
『Ghost Recon Commander』がサービス中止、ジョン・ロメロのスタジオでレイオフも
『Starhawk』開発のLightBoxで24名がレイオフ、今後は小規模プロジェクトの製作にシフト
『Fable: The Journey』を発売した英国Lionhead Studiosでレイオフ
渦中のOnLiveで幹部異動、創設者兼CEOのSteve Perlman氏が退陣
和田社長が『Sleeping Dogs』のセールスに言及「我々の強力なIPの1つとなる」
スクエニ、海外サイトの『ヴェルサスXIII』開発中止の噂を否定
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

    ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

  2. チャリティバンドル『HELP: THE GAME』―全収益は戦争地域の子どもたちへ

    チャリティバンドル『HELP: THE GAME』―全収益は戦争地域の子どもたちへ

  3. 『CoD: IW』コミコンパネル映像―主要キャスト登壇に未見ゲームシーンも

    『CoD: IW』コミコンパネル映像―主要キャスト登壇に未見ゲームシーンも

  4. 子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

  5. 『GWENT』は全機種間クロスマルチプレイを目指す―CEO「必要なのはソニーのゴーサイン」

  6. 『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

  7. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  8. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  9. 【特集】『Steamでプレイすべきシューティングゲーム』10選

  10. 冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top