“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外サイトKotakuが選ぶ『プレイする価値のある現代のJRPG』10選

February 17, 2013(Sun) 03:31 / by Round.D

海外サイトのKotakuにて、プレイする価値のある現代のJRPG10選(Ten Modern JRPGs Worth Playing)がリストアップされています。「Japanese RPGは死んでいない」の主張から始まるこのエントリーでは、2004年にリリースされたPSP/DS以降の日本製RPG作品から10タイトルが選出。

過去にJRPGジャンルの考察を行うなど、この分野への造詣が深い記者がオススメする作品は一体どのようなリストとなっているのでしょうか。以下よりご覧ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


ロストオデッセイ
(Xbox 360 / 2008年)
英雄伝説空の軌跡FC
(PSP / 2006年)
二ノ国 白き聖灰の女王
(PS3 / 2011年)
ラジアントヒストリア
(DS / 2010年)
ファイアーエムブレム 覚醒
(3DS / 2012年)
マリオ&ルイージRPG3!!!
(DS / 2009年)
戦場のヴァルキュリア
(PS3 / 2008年)
すばらしきこのせかい
(DS / 2007年)
THE LAST STORY
(Wii / 2011年)
ペルソナ4 ザ・ゴールデン
(PS Vita / 2012年)



(ソース: Kotaku)
【関連記事】
Game*Spark大喜利『JRPGでもWRPGでもない全く新しいRPGが登場!』審査結果発表!
『クロノクロス』、『聖剣伝説』にインスパイアされた2DRPG『Rainfall』のKickstarterが開催中
海外サイトGamesRadarによる『Best JRPG』10選
海外メーカーがJRPGのローカライズを目指すKickstarterを実施
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image