【PS4発表】「PS4は閉じてない世界」SCEJ河野弘プレジデントに聞く | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PS4発表】「PS4は閉じてない世界」SCEJ河野弘プレジデントに聞く

ニュース 最新ニュース


ニューヨークで開催された「PlayStation Meeting 2013」ではプレイステーション4が正式に発表され、同時に多数の新作タイトルが明らかになりました。発表後、ソニー・コンピュータエンタテインメント・ジャパンの河野弘プレジデントにお話を伺いました。

―――発表を迎えた心境を聞かせてください

ようやく発表できてほっとしています。今までは知ってても言えないという状態が続いていましたので。色々な所から誤った情報が伝わるのも困りますしね。「プレイステーション4」という名前もやっと公の場で使って良いことになりました(笑)。

―――思ったよりも発表のタイミングが早かった印象がありますが

以前から社内では春までには発表しようということで議論をしてきました。ただ、まだまだ先の商品ですから、プレイステーション3でゲームを出していただいているメーカーさんや流通さんに迷惑をかけるような時期(年末)は避けよう、と。今後のスケジュールを考えるとE3やGDCが大きなイベントになります。それまでにお伝えしておけば、これらのイベントでは大々的な話ができます。そういう意味では2月はちょうどいいタイミングだったのではないかと思います。

―――発売時期を睨みながらの発表となりますが、ホリデーというのは世界同時でしょうか?

一応発表では「ホリデーを皮切りに順次発売していく」と言ってますので、全世界同時になるかはこれから検討することになるでしょう。アメリカでは11月20日前後の所謂ブラックフライデーから年末商戦が始まりますので、ホリデーというのはアメリカを意識したものだと考えています。日本や欧州の発売時期はこれから検討していきます。十分な台数を確保する必要もありますから、その辺りも含めて準備を進めることになると思います。

―――今後のスケジュールは?

まだ検討中です。今日の発表はPS4のほんの一部しかお伝えしていませんが、6月のE3、8月のgamescom、9月の東京ゲームショウ、これらが大事な場になってきますので、ちゃんと情報を出していくことになるでしょう。特にE3ではかなりの情報が出てくると思います。それぞれの地域でどんな話をするかはまだ決まってません。今日の内容を日本の皆さんにそのまま出しても響かない可能性がありますし、どういう形でやっていくかは今後検討していきます。開発者の皆さんに対しては、PS4のスペックや開発方法をお伝えする開発セミナーを世界中で何度か行なってきていまして、今後も定期的に行なっていく予定です。

―――PS3では開発が困難という声もありましたが、今回はいかがでしょうか?

開発者の皆さんからは、物凄く開発がやりやすいという声が挙がっています。開発プロセスがPCベースということもあって、PS3であったような独特な手法が求められなくなっています。今日、登壇いただいた方のコメントにもありましたが「スペックは高くなっているが、開発は段違いに易しくなった」という話をよく聞きます。

―――ゲーム専用機に懐疑的な声も聞かれます

確かにPS3の延長線上では厳しいかもしれません。しかしPS4は少し方向性が変わり、面白い可能性があると思っています。単にゲームのスペックやクオリティを追求するだけでなく、ゲームを通じたコミュニケーション、ソーシャルと一括りにしているが、ゲームを中心とした広がりが出来ていくような商品を目指しています。

キーワードは閉じていないことでしょうか。(PSVitaとの)クロスプレイやプレイステーション4同士というのは当然ですが、iOSやAndroidの端末も含めて、様々なデバイスが繋がれるようになっていきます。Sony TabletやXperiaのような商品もプレイステーションの円に入ってくるような提案をしていくつもりです。私はソニーのエレクトロニクス事業も見ていますので。同時に、ゲームを遊ぶ人だけでなく、それを見る人、会話に参加する人も巻き込めるようなコミュニティの機能を持っていきます。プレイステーションはこの2つの意味で閉じていない世界を作っていくつもりです。

―――PS3のtorneは非常に大きな成功だったと思います。テレビとの関係性はPS4でもっと変わっていくでしょうか?

そういう可能性はあると思いますよ。torneは既に150万台近くを販売していて、利用者の満足度が異常に高い商品になっています。PS3と連携した商品ですが、後継機のnasneはPS4も視野に入れています。torneやnasneも閉じてない世界を作り出す一つだと思います。

―――PlayStation Networkの拡充も今後の課題だと思いますが

そうですね。PSNはもっと充実していきます。ビジネスも倍々で伸びてきています。特にPSVitaでは、ネットワークとの親和性の高さがPlayStation Storeを大いに活性化しています。私たちもここは力を入れているポイントですし、もっとお客さんに喜んでもらえるような場にしたいと思っています。

―――ダウンロード販売はPS4ではもっと重要になりますよね?

切っても切れない関係になるでしょうね。でも、ディスクメディアも引き続き展開します。

―――ありがとうございました

【関連記事】
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 『SFV』世界大会「Capcom Cup 2016」優勝は米国NuckleDu選手、日本人選手は3位に

    『SFV』世界大会「Capcom Cup 2016」優勝は米国NuckleDu選手、日本人選手は3位に

  2. 【PSX 16】Naughty Dog新作『The Last of Us Part II』が発表!【UPDATE】

    【PSX 16】Naughty Dog新作『The Last of Us Part II』が発表!【UPDATE】

  3. タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

    タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

  4. 【PSX 16】『エースコンバット 7』最新トレイラーお披露目!空の激戦描かれる【UPDATE】

  5. 【PSX 16】『デス・ストランディング』エンジン「Decima」はGuerrilla Gamesとの共同開発

  6. PS4『シャーロック・ホームズ ‐悪魔の娘‐』国内発売決定!マルチED搭載ミステリー

  7. 『デス・ストランディング』採用エンジンは“DECIMA”か―Guerrilla Games製エンジンがベースとの噂も

  8. 『デス・ストランディング』ティザートレイラーの4Kバージョンが公開!

  9. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top