海中探査ゲーム『UnderCurrent』がVRヘッドセットOculus Riftに対応へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海中探査ゲーム『UnderCurrent』がVRヘッドセットOculus Riftに対応へ

PC Windows


Unrealエンジンによる海洋探索ゲーム『UnderCurrent』が、VRヘッドセットOculus Riftに対応する方針をあきらかにしました。本作は、イギリスの大学生グループによって製作中のタイトル。ゲームのコアについてはまだ不確定なものの、すでに3つのレベルがOculus Rift向けに再編されたとのこと。今夏中には様々なビデオや作業状況が公開される予定です。ゲームとしては、(ちょっとエアの残量が少ない)小型潜水艇的な乗り物を操りつつ海中を冒険する内容です。

あらためて説明すると、Oculus Riftは昨年8月にKickstarterを開始し、目標の10倍ほど出資を集めることに成功した3Dヘッドマウントディスプレイ(HMD)。ゲームへの没入感を高めるため、従来のHMDと一線を画す仕様となっています。メジャーな対応予定タイトルとしては『TES V: Skyrim』や『Mirror's Edge』、『Team Fortress 2』など。詳細はGDCレポートなどをご確認ください。

さて、数々の大作がOculus Rift対応を表明するなか、なぜ『UnderCurrent』か。まだまだテクスチャやモデリングの品質・質感的にアルファ感がただようことは事実(砂地・岩場・海中植物など)。しかし注目すべきはOculus Riftで「水中に在ること」を表現しようとしている点です。

上記タイトルなどはファンタジーながら原則として大気中の世界ですが、本作はプレイヤー視点がキャノピー内にあるものの視界は水中。視認可能な距離も、光源の挙動も当然陸上とは異なります。そして、『UnderCurrent』チームがそうした部分のリアリティを追究しようとしていることはアルファのトレーラーからすら伝わってきます。

ゲームの演出的にいまだ開拓の進まない世界を、新奇性の高いハードウェアで再現しようとする『UnderCurrent』。海中の様相について、伝聞では知りえても実体験のあるゲーマーは少数派でしょう。「VR」なる用語をもちいるにあたり、これほど適切な題材もなかなかなさそうです。
(ソース: Oculus Rift forums, UnderCurrent website via Joystiq)
《Gokubuto.S》

PC アクセスランキング

  1. 『Rogue Legacy』開発元新作、4人協力格闘アクション『Full Metal Furies』発表

    『Rogue Legacy』開発元新作、4人協力格闘アクション『Full Metal Furies』発表

  2. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

    三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  3. スティック型PCで『Half-Life 2』『マインクラフト』は遊べるか…海外YouTuberが徹底検証

    スティック型PCで『Half-Life 2』『マインクラフト』は遊べるか…海外YouTuberが徹底検証

  4. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  5. ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

  6. SteamがPS4コントローラー正式サポート開始!ジャイロやタッチパッドにも対応

  7. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外TVCM!ゴーストが暴れまくる

  8. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  9. 外骨格アクションRPG『The Surge』14分ゲーム映像!ダークソウルの雰囲気も

  10. 剣戟アクション『フォーオナー』海外向けにPC版スペック情報公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top