ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

新作もカルト的で社会風刺?『BioShock Infinite』を手がけたKen Levine氏が新たなゲームの構想を示唆

May 14, 2013(Tue) 10:31 / by ishigenn


BioShock Infinite』を手がけ再び世にストーリーテラーとしての手腕を見せつけたIrrational Gamesの開発者Ken Levine氏ですが、同氏が早くも新たなゲームの構想に着手していることをTwitter上にて示唆しました。

Levine氏は「今日の午後はゲームについて書いてる。これは別のやつだ」とTwitter上にてツイートし、Irrationalの最新作である『BioShock Infinite』とは異なるゲームの構想を行なっていることを暗に示しています。

またファンからどんなものからインスピレーションを受けているのかと問われたLevine氏は、1960年代のニューヨークにおける広告業界を描いた名作ドラマ『マッドメン』、『マグノリア』を手がけた映画監督P.T.Anderson氏、狂言誘拐がテーマの映画『ファーゴ』などで知られるコーエン兄弟を枚挙。他にもキューブリック監督、スティーブン・ソダーバーグ監督、トム・ストッパード監督、作曲家のスティーヴン・サントハイム氏、そして「幾つかのゲーム」を挙げており、最新作も『BioShock Infinite』と同様にカルト的かつ社会風刺に満ちた作品となることを匂わせています。
(ソース: Twitter@Ken Levine)

【関連記事】
シリーズ最新作『BioShock Infinite』のセールスがローンチから約1ヶ月で370万本を突破
『BioShock』シリーズの前身『System Shock 2』のSteam配信がスタート
噂: 『BioShock Infinite』のストーリーDLCではエリザベスに続く新たなAIコンパニオンキャラクターが追加
声優サイン入りグッズも!『BioShock Infinite』国内発売記念【読者プレゼント】
ついに国内発売!『BioShock Infinite』のリクエスト全部入り日本語版プレイ動画第4弾公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image