“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

次世代機で『Splinter Cell』シリーズが登場する可能性をUbisoftの開発者が言及

June 01, 2013(Sat) 01:04 / by Round.D

国内向けの発売日が9月5日に決定した事もアナウンスされたUbisoftの人気ステルスアクションシリーズ最新作『Splinter Cell: Blacklist』。これまでに様々なプラットフォームで作品が展開されたSplinter Cellシリーズですが、次世代機で同シリーズの新作が登場する可能についてUbisoftアートディレクターのScott Lee氏が言及しています。

海外サイトのArabic Gamersが実施した最新のインタビューで同氏は、Ubisoftにとってサムフィッシャーと『Splinter Cell』はとても重要なフランチャイズであり、この場では詳細を話す事は出来ないものの、次世代機向けには多くのプランが進められているとコメントし、"Sam will be back(サムは帰ってくる)"と次世代機での展開に明るい事を伝えています。また同氏は、現行機の開発にも熱心に取り組んでいるとして、最新作が全てのプラットフォームでリリースされる事にとても興奮しているとコメントしました。

過去作で登場し人気を博したマルチプレイヤーモード“スパイVS傭兵(Spies vs. Mercs)”も復活を遂げる『Splinter Cell: Blacklist』は、PC/Xbox 360/PS3/Wii Uをプラットフォームに北米では8月20日に、国内では9月5日に発売予定です。(ソース: Polygon)
UPDATE: 発売日情報の記載に誤りがございました。訂正してお詫び致します。

【関連記事】
『Splinter Cell Blacklist』のスパイvs.傭兵マルチプレイヤーのトレイラー”Old Meets New”が公開
一人称視点プレイも収録した『Splinter Cell: Blacklist』の“スパイvs傭兵”マルチプレイヤートレイラーが公開
『Splinter Cell: Blacklist』の“スパイVS傭兵“マルチプレイヤーが現地時間の5月2日に初公開へ
老兵フィッシャーと新人Briggsが共闘する『Splinter Cell: Blacklist』のCo-opモード紹介映像が公開
息のあったコンビネーションで敵を圧倒!『Splinter Cell: Blacklist』Co-opトレイラー
『Far Cry 3: Blood Dragon』を実写化してしまった“Blood Dragon: The Cyber War”が公開
協力プレイの世知辛いシーンを描く『Terraria』ファンメイド実写ムービー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image