伝説的ターンベースストラテジーがモバイルに侵略開始! 高い移植度を誇るiOS版『XCOM: Enemy Unknown』プレイレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

伝説的ターンベースストラテジーがモバイルに侵略開始! 高い移植度を誇るiOS版『XCOM: Enemy Unknown』プレイレポ

メディア スクリーンショット


90年代に登場したWindows版、あるいは初代プレイステーション版(日本でも発売)から『X-COM』シリーズのファンだった私は、昨年初頭、PCとコンソール向けに新作が発売されるという発表を聞き、心のなかで歓喜したものです。それも、開発を手がけるのは同じストラテジージャンルの『Civilization』シリーズで名高い米国のスタジオFiraxis Games。

『XCOM: Enemy Unknown』は、延期することなく2012年10月に無事リリースされ、PC/Xbox 360/PS3向けのSci-Fiターンベースストラテジーという大変めずらしい作品でありながら、海外の批評家から絶賛され、Metacritic.comでは90点前後のスコアを記録。忘れ去られていた伝説のフランチャイズが見事現代に返り咲きました。日本ではパッケージ販売されていないものの、SteamやAmazonのダンロードPC版はテキストの完全日本語化が実現。

そんな『XCOM』が、いよいよモバイルデバイスでもプレイ可能になります。今年のPAX Eastで正式発表され、間もなくリリースを迎えるiOS版『XCOM: Enemy Unknown』を一足早くプレイしました。

『XCOM: Enemy Unknown』のゲーム内容をおさらい

iOS版だけの特徴として、Game Center対応、ミッションクリア後のFacebookシェアボタンなど、ソーシャル機能が追加。

さて、iOS版の話をする前に、『XCOM: Enemy Unknown』のゲーム内容をざっとおさらい。世界各国のエリート兵士と研究者が集結した組織“XCOM”が、エイリアンの地球侵略を阻止するというプロット。基本的なゲームの流れは、まず地球上のどこかに現れるUFOを戦闘機で撃墜、XCOM隊員をUFO墜落現場に送り込み、生き残ったエイリアンとターンベースのバトルを展開。他にも人質救出や爆弾解除など様々なミッションが用意されています。

4つ用意された難易度はオプションでいつでも切り替え可能。悪名高い“アイアンマンモード”も健在。

ターンベース戦闘パートの他に、元祖『X-COM』から受け継がれる重大要素として、XCOM本部の運用パートがあります。ここでは、戦闘で回収(または捕獲)したエイリアンの死体や武器を研究して新たな兵器を開発したり、施設を建設して基地を拡大したり、参加国のパニックレベルをコントロールするといった経営シム的な要素、あるいは戦闘で育てたXCOM隊員の編成といったRPG的システムも備わっています。

ゲーム内容はオリジナルとほぼ同じ、驚きの移植再現度


まず、原則としてiOS版『XCOM: Enemy Unknown』は、よくあるライト版アプリやスピンオフではなく、オリジナルのPC/PS3/Xbox 360版とほぼ同じ内容に仕上がっています。先日お届けした開発者インタビューでも説明のあったように、マップ数やグラフィック面でいくらかの調整が施されているものの、コンソールクオリティーのタイトルを携帯デバイスでそのままプレイできてしまうのは驚き。時間に追われずにプレイできるターンベースストラテジーというジャンルやタッチコントロールとの相性もばっちりです。

気になるタッチ操作については、改良されたインターフェースにより、直感的に行うことができ、とりわけ戦闘パートでのカメラのズームイン・アウト(2本指でピンチイン、アウト)、回転(2本指でひねる)、隊員やコマンドの切り替え(スワイプ)といった操作が便利です。

ゲーム中のインターフェースやダイアローグのテキストは、PC版と同様、すべて日本語化。(写真はEU版)

しかし、戦闘パートはフレームレートが低下する場面も見受けられ、レスポンスがやや重たくなったり、2回ほどゲームのクラッシュを経験(iPad使用時)。製品版や今後のアップデートで改善が求められる点です。なお、クラッシュした場合でも、オプションで「オートセーブを有効化」しておけば、直前から再開できます。グラフィックスに関しては、オリジナルのPC版でも、ハイエンドなビジュアルをウリにするような作品ではなかったので、特に差は気にならず。

iOS版『XCOM: Enemy Unknown』は、6月20日に発売予定。日本のiTunesでの価格は1,700円(税込)なります。

※本レビューにはiPadバージョンを使用しました。

【関連記事】
iOS版『XCOM: Enemy Unknown』が海外で6月20日配信へ、価格も明らかに
モバイルにもエイリアン侵略!『XCOM: Enemy Unknown』iOSバージョン開発者インタビュー
『The Bureau: XCOM Declassified』の最新トレイラーが公開、第一弾DLCや予約特典の情報も
Take-Two Interactive、今年のE3に『GTA V』を出展しない事を確認
タクティカルTPS『The Bureau: XCOM Declassified』の最新ディテールとトレイラーが公開
再始動を果たした宇宙人襲来TPS『The Bureau: XCOM Declassified』の初映像&最新ショットが到着
『XCOM: EU』のFiraxisが開発する新作ストラテジー『Sid Meier's Ace Patrol』の配信がスタート
Firaxis Games開発の新作ストラテジー『Sid Meier's Ace Patrol』がiOS向けに発表
《Rio Tani》

メディア アクセスランキング

  1. 新作オープンワールドサバイバルMMO『Lost Region』の映像が公開!―indiegogoも開始

    新作オープンワールドサバイバルMMO『Lost Region』の映像が公開!―indiegogoも開始

  2. 『バイオハザード7』XB1/Steam向けに追加DLC「発禁フッテージ」が配信開始

    『バイオハザード7』XB1/Steam向けに追加DLC「発禁フッテージ」が配信開始

  3. 新コンテンツは5時間分!『ウォッチドッグス 2』DLC第2弾「Human Conditions」海外向けローンチ映像

    新コンテンツは5時間分!『ウォッチドッグス 2』DLC第2弾「Human Conditions」海外向けローンチ映像

  4. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』GDC予告映像で壮観なボリビアの風景を堪能!

  5. プロ仕様PS4コントローラー「Nacon Revolution」欧州向け映像ー感度など徹底カスタマイズ可能

  6. どれだけ違う?『スカイリム』高画質化Mod適用版とリマスター版の比較映像!

  7. 『バイオハザード7』追加DLC「発禁フッテージ Vol.2」がPS4向けに配信開始!

  8. 戦闘のキモを5分で予習できる『Mass Effect: Andromeda』海外向け新トレイラー【UPDATE】

  9. ゲームディレクターによる『オーバーウォッチ』最新報告映像―PTRの仕組みやバランス調整を語る

  10. ドラマ版『ゴーストリコン ワイルドランズ』がAmazonで公開!―日本語字幕付き

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top