ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトのJRPG好き記者が選ぶ『プレイすべき20の歴代JRPG』

ゲーム文化 カルチャー

海外サイトのJRPG好き記者が選ぶ『プレイすべき20の歴代JRPG』
  • 海外サイトのJRPG好き記者が選ぶ『プレイすべき20の歴代JRPG』
海外サイトKotakuにて、『プレイすべき20の歴代JRPG』がリストアップされています。JRPG好きな米国人記者の目線で見たオールタイムのJRPGで、今でもプレイをする価値があるタイトルとしてリストアップされいます。それでは早速そのリストを順不同でご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■ファイナルファンタジー VI
(スーパーファミコン、プレイステーション、ゲームボーイアドバンス)


■ガイア幻想紀
(スーパーファミコン)


■LUNAR エターナルブルー
(セガサターン、プレイステーション)


■二ノ国
(プレイステーション 3)


■ファンタシースター IV
(メガドライブ、PC (Steam)


■クロノトリガー
(スーパーファミコン、プレイステーション、ニンテンドーDS)


■ペルソナ4
(プレイステーション2、PlayStation Vita)


■ファイナルファンタジー VII
(プレイステーション、PC)


■ゼノギアス
(プレイステーション)


■英雄伝説 空の軌跡
(PSP)


■MOTHER2
(スーパーファミコン、Wii U)


■ラジアントヒストリア
(ニンテンドーDS)


■エストポリス伝記II
(スーパーファミコン)


■幻想水滸伝II
(プレイステーション)


■スーパーマリオRPG
(スーパーファミコン)


■ファイナルファンタジー IX
(プレイステーション、PSN)


■ドラゴンクエストVIII
(プレイステーション2)


■ファイナルファンタジータクティクス
(プレイステーション、PSP、iOS)


■キングダムハーツII
(プレイステーション2)


■聖剣伝説2
(スーパーファミコン)


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

記事内では、これらのタイトルをプレイするためにほこりを被っていたりするソフトや、フリーマーケットなどでスーパーファミコンなどのレトロハードを入手してでもプレイするべき時代を超越したゲームタイトルだ。と猛烈にプレイをうながしています。まだ未プレイのタイトルがある方は、これらのリストを参考にプレイしてみてはいかがでしょうか。

UPDATE (2013/8/31 18:48): 文中の誤字を訂正しました。コメント欄でのご指摘に感謝します。
UPDATE2 (2013/8/31 22:58): 記事公開時、参照元の記事には19タイトルしか紹介されていませんでしたが、最後の1タイトルとして『聖剣伝説2』が追記されていましたので、本記事にも追記いたしました。
《DOG COMIC》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 32 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Destiny』ファン配信で50万ドル以上の募金額、Bungieスタッフにも波及

    『Destiny』ファン配信で50万ドル以上の募金額、Bungieスタッフにも波及

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

    不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  4. 海外ゲーマーのお母さんが『オーバーウォッチ』キャラを当てずっぽうで解説

  5. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  6. もしも『オーバーウォッチ』のヒーローが犬だったら?―元Naughty Dogアーティストが描くワンダフルなファンアート

  7. 『LoL』世界規模大会IWCQで日本代表RPGが初戦白星!チームに迫る密着映像も

  8. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  9. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  10. 画面から飛び出た?『ポケモンGO』女性トレーナーのユニークコスプレ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top