『Titanfall』はカバープレイでは無くとにかく飛び回るプレイが正解、「垂直方向の概念」が重要に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Titanfall』はカバープレイでは無くとにかく飛び回るプレイが正解、「垂直方向の概念」が重要に

ニュース 最新ニュース

ジェットパックによる立体的なフリーランニングが1つの魅力となっている新作メックFPS『Titanfall』。開発を担うRespawn EntertainmentのコミュニティマネージャーAbbie Heppe氏が海外メディアOXMによるインタビューの中で、プレイヤーに「垂直方向の概念」が重要であることを強調しました。

ハンズオンイベント中にインタビューを受けたHeppe氏は「未だに誰もが垂直方向の概念が少ないシューターみたいにプレイしてしまう。彼らはカバーに隠れて、身を乗り出して敵を撃って、そしてまた次のカバーに走る。私たちがプレイする時は真っ先に壁や屋根に登って、狂った如くそこら中を走り回るのよ」とコメントし、カバープレイよりもフリーランニングを駆使することが重要であると説明しました。



続けてHeppe氏は「価値観を少し壊してあげる必要があるわ。壁に向かってジャンプして「おお壁走りできる」みたいに気づけば、マッチの終盤で彼らは狂った如く走り回っていて、私達みたいなプレイにより近づくの」とも解説。また「違う違うこうしないと」と指示するのでは無くプレイヤー自身が「出来るんだ」と気づく必要があり、さらにトレイラーやプレイ映像を見て理解したつもりでも、今まで常にプレイし凝り固まった様式を壊す必要があると語っています。

    建物まで歩いて行く人を見ると「Titanに轢かれちゃうわ。そんなこと続けてると踏み潰されるのに」みたいなね。だからプレイヤーはデザイナーが描いたルートで通路や建物に向かわなければならないのよ
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 36 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

    「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

  2. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

    【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  3. 豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

    豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

  4. 『Destiny 2』予告イメージが公開!―公式ツイート

  5. 『DARK SOULS III』第2弾DLCアクセス方法など「よくある質問」公開

  6. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程やモンスターの誕生秘話を語る

  7. 名作RPG『Planescape: Torment』リマスター発表か―謎のティーザーサイト現る

  8. 『パラッパラッパー』サウンドトラックも復刻決定!当時の音源そのままに全44曲が収録

  9. 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

  10. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top