“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Child of Light』のCo-opトレイラーが公開、『FF』天野氏のポスター付き限定版発表も【UPDATE】

March 06, 2014(Thu) 11:57 / by ishigenn


巨大スタジオUbisoftにて『FarCry 3』を手がけたPatrick Ploude氏が、インディー的な立ち位置で挑戦する新作として注目を集めている『Child of Light』。新たに同作のCo-opプレイにフォーカスした最新トレイラーが公開され、あわせて欧州でのリテール版発売も明らかにされました。

幻想的な世界観を持ちJRPG的なデザインにもインスパイアされたことが明らかにされている『Child of Light』は、『Rayman Origins』でも使用された2Dグラフィック専用のエンジンUbi Art Frameworkが採用されたアクションタイトル。プレイヤーはオーロラと名付けられた少女を操作し、レムリア王国からブラッククイーンが盗みだした太陽や星や月を取り戻すため冒険を繰り広げます。

Co-opモードではAuroraと共に行く火の玉の妖精イグニキュラスを他プレイヤーが操作することとなり、トレイラーではオーロラに近づく敵を彼が払いのけ、道を切り開くため様々なパズルを起動し、時には傷ついたAuroraのダメージを癒やす様子が確認できます。



なおPC/PS3/PS4/Xbox 360/Xbox One/Wii Uを対象に海外にて4月30日、国内では5月1日に日本語版のリリースが決定している『Child of Light』ですが、特に『FF』シリーズで知られるデザイナー天野喜孝氏がデザインしたA2サイズポスター含むデラックスエディションが英国および欧州と中東とアフリカ向けに正式発表しました。

デラックスエディションでは、PS4/PS3のクロスバイおよびPCダウンロード版の本編に加え、24ページに及ぶアートブック、イグニキュラスのキーリング、オフィシャルデラックスボックス。さらにインゲームアイテムとして「Dark Aurora Customazation Pack」と「Golem Pack」が収録。対象プラットフォームはPC/PS3/PSとなっており、発売は4月30日が予定されています。

UPDATE(2014/3/6 13:00): Ubisoft Japanが国内でもPS3/PS4を対象としたデラックスエディションの発売を発表しました。海外版とは異なりイグニキュラスのキーリングは収録されていないものの、初回生産限定版として価格1,980円でリリースされることが明らかにされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


評価の高いコメント

  • 2014年3月6日 12:24:38 ID: 7iqckEFP4sat
    3 FPS児さん
    通報する

    これを機会に天野+UBIでなんか作ってほしいね。
    日本の会社より彼の世界観を活かせそう。

  • 2014年3月6日 12:45:00 ID: /dH8GbNWVEyG
    5 スパくんのお友達さん
    通報する

    個人的には天野氏は「FFの~」ってフレーズで語るような人じゃない(もっと凄い人)んだけど、
    ゲーマー的には「FFの~」ってフレーズの方がわかりやすいからしょうがないね

  • 2014年3月6日 12:08:47 ID: T+fw2z47V+V1
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    Steamのも日本語吹き替え+字幕で素敵やわ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 21 件

no image