ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Amazonがゲームやストリーミング映像に対応したコンソール「Amazon FireTV」を発表、本日より販売開始

ニュース 最新ニュース

開発会社Double Helixの買収から謎のAmazon製コントローラーの存在にはじまり、先日にはイベントの招待状がプレス向けに送付されていることも判明するなど、その発表が秒読みと見られていたAmazon製新コンソールですが、同社はプレス向けのイベント上で“Amazon FireTV”と呼ばれるゲーム及びストリーミング映像サービスに対応したセットトップボックスの発売を発表しました。

映画やテレビ番組のストリーミング再生に対応する“Amazon FireTV”では、大手映像配信サービス会社のTwitch、Netflix、Hulu、MLB.TV、WWE Networkなどのアプリが提供予定で、セットトップボックスとしてシェアを広げているApple TVやRokuを上回るパフォーマンスを目指して設計が行われたとして、本体にはクアッドコアのCPUに2GBのRAMを実装。

ゲーミングコンソールと競合の立場になる事は意図していないと伝えているも、ゲーム機としての性能は家庭用機ゲームを所持していないスマホゲーマーに向けて調整されたものとなるようです。

またDisneyやGameloft、EA、Sega、Ubisoft、Double Fineといったゲーム会社の参入も明らかとなった他、Amazon Game Studiosでは独自のゲームも開発が進められており『Sev Zero』と呼ばれる作品も登場予定。こちらはタワーディフェンス要素のあるSFサードパーソンシューターで、会場ではそのゲームプレイ映像が披露された模様です。ゲームアプリの平均金額は1.85ドルとなり、1000以上のゲームを基本プレイ無料タイトルとして提供を予定しているとのこと。

イベントの最後に発表されたFireTVの価格は、本体とリモコンを同梱して99ドル、Xboxライクなゲームコントローラーは39.99ドルとなり、本日から出荷が開始されるとの事です。
《Round.D》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  2. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

    F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  3. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

    『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  4. 『Star Citizen』アルファ版2.5が配信開始―アウトロー向け新ステーションなどが実装

  5. 噂: 『Duke Nukem』謎のカウントダウンの正体を海外サイトが報告

  6. 『ポケモンGO』アップデート実施―ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

  7. Wargamingの新作4Xストラテジー『Master of Orion』がSteam正式リリース

  8. 『Halo Online』ModderにMicrosoftが警告、特殊ツールに著作権侵害を申し立て

  9. 『Rainbow Six Siege』海外パッチノート!Pulse/セミオートショットガンをバランス調整

  10. 『ウィッチャー3』GOTY版と通常版のセーブデータが非互換な理由が判明

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top