ハードコアゲーマーのためのWebメディア

半数以上のユーザーが無料アプリゲームを24時間以内に止めている ― 新たな調査結果

ニュース ゲーム業界

半数以上のユーザーが無料アプリゲームを24時間以内に止めている ― 新たな調査結果
  • 半数以上のユーザーが無料アプリゲームを24時間以内に止めている ― 新たな調査結果
近年隆盛を見せているモバイルゲーム産業ですが、海外モバイルアプリ調査会社Swrveによると、全体の66%のモバイルゲームプレイヤーが、初めにF2Pのモバイルタイトルを起動してから24時間以内にプレイするのを止めていることが判明しました。

調査対象のプレイヤー数は1,000万人。それらを対象に、2013年11月から90日間以上に渡って調査を実施。30以上のタイトルをトラッキングしたとのことで、なかには「Activision」や「Epic Games」、「Gameloft」などのモバイル向けタイトルをリリースしている大手クライアントも含まれていました。

SwrveのCEO Hugh Reynolds氏曰くF2Pモバイルタイトルのリリースを「初デートに近いものがある」と例え、成功するには早い段階で魅力が伝わるタイトルのほうが、24時間以上触れられるタイトルとなる、と分析しています。

また、ベテランF2Pモバイルタイトルの開発者Ben Cousins氏はこのSwrveの調査結果に対し「自分たちの首を絞める結果になっている」とコメント。Swrveがサービス展開している、アプリ内キャンペーンやA/Bテストなど、アプリ提供会社の利益に繋がるサポートを行っている会社としてはマイナスな印象を与える、と発言しています。更にCousins氏の分析によると、ヒット作になる可能性を秘めているタイトルは、40%のユーザーが2日目もプレイしている、ともコメントしています。

無料でダウンロードし料金を支払わなくてもプレイできるF2Pタイトル。モバイル端末で気軽に始められるだけに、気軽にプレイを終えてしまうプレイヤーが多いことがわかると共に、良い第一印象を与えられた作品は息が長いことも判明した調査結果となりました。
《Hanzo》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  2. DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

    DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

  3. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

    『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

  4. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  5. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  6. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  7. 配信開始の『Pokemon GO』ゲーム情報が続々公開―安全にプレイするための注意事項も

  8. 恐竜世界でサバイバル!『ARK: Survival Evolved』が発表―PS4/Xbox One/Steamで2016年リリース予定

  9. 『P.T.』風一人称ホラー『Allison Road』開発中止に関する声明が発表

  10. マルウェアが仕込まれた偽『ポケモンGO』見つかる―McAfeeが注意喚起

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top