ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 次世代機向け『Just Cause 3』が2015年にリリースか、スクエニが取得したと見られるドメインの情報も浮上

ニュース

2010年にリリースされ前作から続く美麗な南国オープンワールドが良好な評価を獲得した『Just Cause 2』。現在はマルチプレイヤーModで再燃を見せている同作ですが、その続編となる『Just Cause 3』が2015年にもリリースされるのではないかという噂が海外にて伝えられています。

これはスウェーデンの開発スタジオAvalanche Studiosの創設者でありチーフクリエイティブオフィサーでもあるChristofer Sundberg氏のLinked In職歴ページに、スクウェア・エニックスがパブリッシングする「未発表のサンドボックスアクションゲーム」が記載されていたというもの。この未発表タイトルは「非常によく知られているゲームシリーズの最新作」であり、2011年からAvalancheのニューヨーク支部が開発が継続中。2015年6月にも次世代機へ向けリリース予定とされています。

また2012年にはスクエニが『Just Cause 4』関連と見られるドメインを取得したことが注目を集めましたが、新たに現地時間の今年4月22日にも「JustCause3Ame.com」なるドメインが取得されたことが確認されています。これはドメイン関連の大手企業CSC Corporate Domainsが取得したと見られるもので、海外の情報発掘で詳しいSuperannuation氏やGameSpotなどはCSCを介してスクエニが取得したと指摘しています。

現在は2014年リリース予定の映画タイアップゲーム『Mad Max』を手がけているAvalanche Studios。開催近づく6月のE3 2014ではこの『Mad Max』に加え、次世代機で美しい南国の独裁国家が描かれる『Just Cause』シリーズ最新作の姿を拝めるかもしれません。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 27 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

    『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  4. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  7. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  8. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  9. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

  10. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top